①拒絶型

拒絶型一番多いタイプ。元交際相手や元夫・元妻から拒絶された事をきっかけとする。最初は復縁を考えるが、それが叶わないと分かると復讐するという考えに変化していく。

被害者意識が高くなり関係修復のために相手を追い詰める。

最終的に、相手を傷つけたり殺してしまい様な凶悪な事件に発展するもっとも危険なタイプである。

②憎悪型

憎悪型相手に恐怖や混乱を与える事を目的とする。たいして親しくなかった、或いは全く知らない人を対象とする。

日常生活で些細な出来事で被害を受けたと考え、自分の行為(ストーキング)は正当な行為と解釈しストレス発散のはけ口にする。

 

③親密希求型

親密希求型このタイプは、自分の孤独感を満たすために対象相手を過度の理想のタイプに置き換え愛情を求めてくる。

ストーキングを孤独感から解放するための手段とすることが多い。

 

 

④無資格型

無秩序型一方的に自分の欲求をぶつけるタイプ。相手を理解できない精神疾患が原因である。

当然罪悪感は無く、相手が自分の行為に応えるのは当然であると勝手な考えをもつ。

話をした事も無い相手から、結婚式の案内状を勝手に作られ、式場の予約や引き出物まで用意して一方的に話を進める。

※ ストーカーは、80%以上が男性である。確たる理由は解明されていない。被害者になるのは女性が圧倒的に多いという事実だ。ストーカー被害を最小限にするには、いち早い対処が必要である。警察で被害届を受理されない事も少なくない。身近にストーカー対策で相談できる人なく、一人で悩んでいる方も非常に多いのも現状です。

「無料相談センター」で解決の糸口を一緒に考えましょう!