会員サポートで難しい問題も解決!

成功と失敗の例


滞納してもあなたの判断次第で後の運命を決める

住宅ローンの滞納が続くと折角手に入れた大切なご自宅を失う事になってしまいます。

【放置した場合

自宅を失うだけでなく大きな債務が残り返済ができなければ、最悪の場合破産という選択をせざるを得なくなります。

極端な場合ですが、あなたの判断次第で回避できるという事をお忘れなく。

【解決に動く場合】

① 支払方法の変更(リスケジュール)を金融機関の担当者に相談してみましょう。

リスケジュールが可能な場合、元金の支払いを一時停止したり、 返済期間の延長をして月々の支払い負担を減らします。

② 第三者からの援助が可能ならば、全額は無理としても、滞納している分だけでも返済できれば、 全体の立て直しができます。

※ 別の金融機関からの借入は禁物です。

住宅ローンを滞納し続けると競売に掛けられます

soushitu-ai住宅ローンを滞納している方、今後滞納しそうな方、既に競売開始決定通知が来てしまっている方、 それぞれご事情はお有りだと思いますが、このまま放置しておいても全く良い事は有りません。

当センターでは無料で住宅ローンの滞納問題にお答えいたしますので、今ご自身が置かれている状況 を把握し、それに対して何が出来るのか、また最善の方法は何かを知り行動すること

 

任意売却で成功した例

任意売却をすることでどんな事が起こるのでしょうか。競売を放置すると、どうなるのでしょうか。なぜ売却を勧められるのでしょうか。

精神面 メリット1.傍からは通常の売買にしか見えない

あくまで手続上は通常の売買と変わらないことから、競売と比べるとご近所さんに状況を 知られる可能性が低くなります。

競売では執行官の内見や、競売落札希望者が事前に状況調査に来ることがあったり、場合によっては、競売落札希望者が ご近所さんに内部の状況を聞いて回ったりすることも あるみたいです。

メリット2.引越しの時期等、ある程度の余裕をもって次の準備ができる

引越時期等、競売の場合においてもその予測は可能です。

あらかじめ引越しを前提として売却活動を行うため、 ある程度余裕をもってその準備をすることができます。

基本的には時期等多少の変更であれば対応は可能です。

任意売却をしないで失敗する例

離婚 別れた夫、別れた奥さんと会話をしなければならないこと全員には当てはまりませんが、顔を見るのも厭で別れた元だんな様、元の奥様に頭を 下げて任意売却の同意をとらなければならないこと。

場合によっては、直に会わなけ ればならないことも有ります、人によっては大きなデメリットとなるのでしょう。

契約の際に、不動産会社などに出向かないといけないこれは、デメリットとは言い難いです。

不動産の契約では司法書士または弁護士による本人確認が必要となっております。 連帯保証人、連帯債務者の出席も求められます。

情報が記載される、いわゆる「ブラックリスト」

risteリスト 実は記載されるとはいっても、住宅ローンを3か月滞納した時点ですでに ブラックリストへ記載されているのです。

任意売却をしたことによって新たに記載 されるのではありませんが、滞納する前の方にとってはデメリットかもしれません。

連帯債務者や連帯保証人に事情を説明して、事前に同意を得なければならない。

競売になればもっと大きな迷惑をかけることになるので、同意を得ることの手間が任意売却の デメリットだとは決して言えないですが…。


投稿記事

PAGETOP
© 2010 NPO法人無料相談センター