会員サポートで難しい問題も解決!

住宅ローンを組む時は団体信用生命保険に加入することは多い


団体信用生命保険とは

hoken住宅ローンを組む時、団体信用生命保険に加入することは多いと思います。
実際に保険によって助かった人もいれば住宅ローン以外の問題も抱えて悩むケースもあるようです。

A(48歳、女性)さんの場合

hoken2Aさん夫婦は15年前に新築の戸建てを購入しました。

Aさんは専業主婦だったので夫の名義でローンを組み、その際に金融機関の指示のもと団体信用生命保険に加入しました。

夫は会社をいくつか経営していたました。

収入は普通のサラリーマン程度でしたが住宅ローンの支払いに遅れる事も無く息子と3人で暮らしていました。
みこの後どう生活しようか。

住宅ローンも残っているしと悩んでいてもしょうがないので、ローン会社に連絡したところ、団体信用生命保険に入って いるので住宅ローンは保険料で全額払われるから大丈夫ですというのです。

調べると確かに保険にも加入しているし今の状況だと保険料が払われ住宅ローンが無くなる事を知り、数千万円あった住宅 ローンが無くなり自宅はそのままになるので安心しました。

後になって知ったのですが、それはぬか喜びでした。

あくまで相続財産になるので家だけを相続は出来ず、被相続人に借金があった場合は一緒に借金も相続しなければいけないのです。

被相続人に借金があった場合

hoken3 ギャンブル等のお金使いが荒い人は別として普通のサラリーマンならそんなに多額の借金は無いと思いますが、経営者の場合 会社の保証人になった債務が幾らあるのか解らないのです。

案の定色々な問題が起こりました。夫の会社のスポンサーだった方から連絡がありあなたたちに迷惑掛からないようにするか ら会社の印鑑を渡してほしいというので、会った事もある人だったので渡しま

したが、今になって思えば浅はかだったと思います。
次に事務所として借りていた賃貸の物件の管理会社から家賃が入っていないと連絡があり、事情を話し解約してもらうようにし たのですが、契約上3か月前に解約予告をしなければいけない為、その分を敷金から引いたり償却費があったりで預けていた敷金は 残らず、逆に退去清算費として数十万円の請求をされました。

また、通帳を確認したところ、消費者金融への支払いや金融公庫の支払いなどがあり、問い合わせてみると合計で約1000万円の 債務になっていました。
せっかく住宅ローンを払わずに家を持てると思っていた矢先の事で落胆しました。 やむを得ず家を売却して債務を支払いそれでも残る分があると思うので相続して清算する事を選びました。

しかし、会社の方はその後どうなるのかと心配です。

この様に団体信用生命保険によって住宅ローンは無くなっても、その他の負の相続財産によって自宅を売らなければいけない事 もありますので、住宅ローンを組んでいるご主人の債務状況を把握しておく必要があるでしょう。

soudan_01


投稿記事

PAGETOP
© 2010 NPO法人無料相談センター