支払困難将来的な収入を考え住宅ローンを組んで自宅を購入したつもりが、何年か経ち気づいてみると支払いギリギリの生活に

・・・という方も少なくない筈です。

では、なぜ住宅ローンの返済が困難になってしますのか以下の様な問題があるようです。

無理な返済計画を立て住宅ローンの変動金利が思ったより上がったため滞納

選択で悩むひと昔前のバブル時代では、不動産の価値は確実に上がるからと日本全体で思い込み、それに乗せられ住宅ローンを組んではマンションを購入し、転売、 利益を得ていた人もいました。

収入に対し不釣り合いな金額での貸し付けも当たり前のように行われ、不動産の価値が下がり始めれば返済が出来なくなるのも当然です。

現在では、年収に対する住宅ローンの返済比率の平均は30%~35%です。;

これでも理想の比率を超えているので返済は厳しいでしょう、。

さらにこれを超えてしまうと通常の生活費などを抑えても住宅ローンの滞納に繋がる可能性があります。

例えば、月収40万に対して月々12万円~13万円ならば何とかやっていけると言う範囲です。

理 想の返済比率は25%位と言われており、年収400万を切る場合は20%以下とも言われています。

また、住宅ローンの変動金利によっても、借入れ時1.5%だったものが3%になれば、数字だけみると大したことが無いように感じます。

例えば3000万円に対してとなると1.5%の場合年間45万円、月々37,500円で3%だと年間90万円、月々75,000円になるので、残債務次第 ではかなりの負担になります。

自身の浪費などによる借金により自転車操業になってしまうケース

買い物で浪費住宅ローンを組んで自宅を購入したことにより、毎月の返済のため今までの遊興費を削らなければならない。

足りなくなるとカードローンなどを利用するようになり、 だんだん額も膨らみカードローンの支払いのために住宅ローンに払う分を使ってしまいます。

住 宅ローンの返済のために消費者金融から借りるなどを繰り返しているうちに滞納した。

また、本人が知らないところで、息子に頼まれて奥さんが退職金を使い果たし、それでも足りなくなって消費者金融から借り工面し、気付いた時には預貯金はゼ ロで、 住宅ローン返済のためのお金を妻名義の借金の支払いに回していたため競売開始の通知が来て初めて知った。

そのときには任意売却か競売かの選択しかなかっ た。

勤務先の会社が倒産したり、リストラ、事故、病気による収入減による滞納

会社倒産 住宅ローンの返済が厳しくなった、出来なくなったという方の一番多い理由が、会社の倒産やリストラなどにより職を失い収入が無くなってしまうケースです。

ひと昔前は、年功序列や終身雇用制度などといった将来の設計を立てやすい会社がほとんどでしたが、最近では成果主義を重要視し、 年齢が上がるにつれて確実に収入が上がる事もなくなってしまいました。

ま た、サブプライムローン問題を発端にさまざまな不景気にさらされ、その影響を受けた人も少なくない筈です。

住宅ローンを組んだ時はこの様な不景気な世の中になるなんて予想し得ない事ですし、まさか自分がリストラや事故に遭うなんて想像して住宅を購入する人なん ていません。

かろうじて退職金を貰えても、住宅ローンの残債務には届かず、一括で支払ってしまっては今後の生活が不安と言っているうち仕事も見つからず、退職金も底をついてしまうなんて事もあります。

自営業の方でも、時代の変化についていけず住宅ローンを組んだ当時の半分の収入になった方や、病気で入院し長期休業した事により売り上げも減少、 多額の医療費の出費によって返済が困難になるなど様々です、特に1人で運営している個人経営の場合は、深刻な問題です。

投資用でマンション購入空室により家賃収入がなくなり滞納

空室自分は、実家に住んでおり、たまたま知人から投資用マンションを住宅ローンを組んで購入し、 賃貸で貸せば儲かるし税金対策にもなると勧められ購入し入居者が入っているうちは良かった。

マンションもだんだん古くなりリフォーム費用や修繕費などを掛けても空室のまま賃料が入ってこなくなり、 自分の収入の中から住宅ローンを返済するはめになった。

それも限界が訪れ、管理費、修繕費も滞納してしまうケースもあります。

また、空室を埋めるため、頭書の賃料よりかなり低めの金額で貸し出し、実際には住宅ローンの返済金額を下回りその差額を穴埋めする様な話しもあります。

こ れでは何のために住宅ローンを組んでマンションを購入したか解らなくなります。

さらに、住宅ローンの返済が厳しいからと賃貸に出し、自分たちは安い賃貸マンションに住んで賃料を返済に回す方もいます。

根本的に問題を改善しない限りいずれ支払い不能になり競売や任意売却することになります。

その際、住宅ローンを借りた本人や所有者以外の賃借人が居住しているとなるとスムーズに任意売却も出来ず、競売の落札価格にも影響してきます。

soudan_01

住宅ローンを夫婦共有名義で購入したが離婚により滞納

喧嘩離婚結婚当初、妻も仕事をしていたため住宅ローンを組んで共有名義で一戸建てを購入したが、数年後不仲になり離婚を前提として話した結果、妻が家を出て行き残った夫が住宅ローンを返済して行くことになったのです。

今まで二人の収入の中から返済をしてきたので、夫一人だけで住宅ローンを支払うのには限界もあり滞納してしまいました。

住宅ローンは遅れずに支払うと分かれた妻と約束したのですが、結果的に迷惑をかける事となってしまいました。

どのようなケースであれ、長期的な住宅ローンの支払いが厳しいと解った時点で任意売却を検討し競売を避ける事が重要です。