会員サポートで難しい問題も解決!

競売至る理由はいろいろあります


競売に至る事例

離婚と同時に住所が変わることはよくあることです、賃貸住宅住んでいた場合は何の問題 もないのでしょうが、戸建てやマンションを住宅ローンで購入し、残債務が残っている場合は 困ります。離婚する際の条件として良くあるケース。

離婚が原因で競売に・・・

① 夫名義の不動産で夫が住宅ローン債務者

返済この場合、妻と子供がそのまま住みローンを夫が 払うと言う約束・・・この場合、自分が住んでいないという事もあり、少し無責任になる部分 もあるかもしれません。

支払うと約束した夫が病気やリストラなどの事情で支払いが出来なくなった。

それをを妻と子供が知らないでいる事がよくある。競売にかけられて裁判所の現地調査がき てから知らされる事もあります。

民事再生をするにも所有者が居住していないと申立ての要件 を欠く可能性があり、任意売却するにも居住者が協力的でないとスムーズに売却できません。

② 夫と妻共有名義で債務は夫のみ

この場合は、どちらか一方が住みローンの支払いをする約束で、何らかの理由で支払いが滞り競売になるケースです。

民事再生も任意売却も所有者2人の 意見が合わないと前に進まずそのまま競売で落札されてしまう事も・・・

相続(遺産分割)でもめて競売に・・・

① 親が亡くなり相続財産の不動産が競売にかけられるケース

両親競売と言うと債務(借金)の未払いが原因で競売の申立てをされると思いがちですが、意外と多 いのが債務が無いのに競売になるケースがあります。

それは、親が亡くなり相続財産として不動産があり、債務が無いのですが兄弟間で遺産分割協議 で話し合いがつかず裁判所の決定によって競売によって売却し分割するというものです。

兄弟のうちの1人でも分割協議に納得しない者がいるせいで他の兄弟にも迷惑がかかります。

一般の不動産価格で売却して分割すれば競売よりもはるかに高く売れる不動産でも相続人の意見 が合わないとこの様な結果になってしまいます。

② 相続による競売で
最も多いのが債務が相続財産を上回っているため相続人が相続放棄をした 事による競売申立です。誰もが借金が残るのを解っていて相続する人はいないので当然だと思います。

投資用マンションが競売に・・

① 紹介された不動産業者に投資用のマンション

投資ワンルームたまたま紹介された物件を進められ、サブリース契約だから毎 月の家賃は保証されるし何十年かたてばローンも返済できて資産が残る。

自分は何もしなくていい という甘い言葉に乗せられ投資用のワンルームマンションを住宅ローンを組んで購入したのです。

管理費・修繕費や固定資産税は自分で負担しなければならない。支払いが厳しい時に賃料収入を税金 の支払いなどに回したりとサイクルが狂い最後は何ヶ月も住宅ローンを滞納してしまい競売にかけ られる様な方もいます。

地方の方で都内にワンルームマンションを何件も所有されているのに物 件を見た事もなく、1つおかしくなると次々にマンションを競売に掛けられ、最後は多額の債務だけ が残ってしまう事もあります。投資用物件販売業者の甘い言葉には気をつけましょう。


投稿記事

PAGETOP
© 2010 NPO法人無料相談センター