会員サポートで難しい問題も解決!

競売の回避


競売は回避した方が得策

saimu競売は、いいことは何もありません。回避できればそれに越したことはないのです。競売を回避する方法の1つで、 個人再生があります。

個人再生の申立てが通れば、売却ををせずにそのまま住み続けることもできるのです。

もう1つは、任意売却です。 任意売却なら引越しの費用負担してもらったり、家を出ていく日程を自分の希望に合せる事も可能です。

しかし、競売になると、家を売却され、残債務の精算をしなければなりません。

分割の交渉をして払い続けるか 自己破産するしかないのです。これは競売の申立てをされた後の回避方法です。

 

shiranai-keibai222

 

競売の申立ての回避 申立て前

 

yuusenその前の段階、競売の申立ての回避ができれば一番良いことですよね。純粋に収入の低下で住宅ローンを滞納 してしまう人もいます。

車のローンや消費者金融の支払いを優先して住宅ローンの支払いを疎かにしている人が 多いようです。

車のローンや消費者金融の支払いは、滞納しても後でいくらでも整理ができます。しかし、住宅ローンは『後で』ではダメなのです

また保証会社が代位弁済すれば、住宅ローンではなく求償権になり、遅延損害金も付きます。 住宅ローンの残債務は、様々ですが車やカードローンとは、はるかに大きい金額になります。

ならば、優先して支払う のは、住宅ローンということになります。競売を回避するには、支払先の優先順位を理解することです。

例え競売の入札日が一週間後になったとしても決して諦めてはいけないのです。

自分自身で解決を しなければ先へは進めません。何もしないのは現実逃避です。今置かれている立場を理解して最善を尽 くしましょう。競売になると、売買価格が一般の売却額よりも20%~30%低い価格で取引されます。

債 権者に返済される債務がそれだけ少なくなるということです。任意売却や個人再生の申し立て等、債務 に対して前向きに対処したのなら債権者も認めてくれるのではないでしょうか。私たち相談員もサポー トしますので諦めずに頑張りましょう。

前向きに対処すれば 取下げや回避も

「どうせ何をしても結果は同じだと…。」投げやりになっていた人でも競売を回避するために手を尽くせば 結果は好転します。少なからずいい方向に転換します。

そのままにしておけば落札者の決めた期日に自宅を明け 渡さなければならないのに、任意売却することで明け渡しの期日を少し先にしてもらったり、引越しの費用を負 担してもらえたりする事も少なくないのです。

競売と任意売却は、どちらも家を明け渡さなければならないのですが 大変な差が出るのです。金銭的にも実質的な負担はなく、金融機関との話し合いも本人がするのではないので、競売を 放置するより、はるかに現実的なのです。

soudan


投稿記事

PAGETOP
© 2010 NPO法人無料相談センター