chirashi4私どもは、ボランティアで競売の回避や住宅ローン滞納問題に関する無料相談会を行っております。

「無料相談センター」の会員は、競売によってどうしていいか悩んでいた人たちが当センターの救済活動によって難を凌ぎ「今度は自分たちが困った人たちを支援する」という気持ちで活動している方もたくさんおります。

競売の申し立てをされた方でないと解らない気持ちも理解できるので安心して相談して下さい。

競売になっても諦めずに残された最善策を考える

ご自宅が競売になって所有者の方やご家族の方は、さぞかしやりきれないお気持ちでしょう。

ご存知かと思いますがこのまま競売手続きが進めば、数ヵ月後(3ヶ月~6ヶ月)には落札者が決定して、立ち退きをしなければなりません。

しかし、諦めないでまだ残されている最善策を一緒に考えましょう。

1.競売を取下げ、自宅をそのまま残す方法
2.競売以外の売却により残債務を少なくする、又は手元に売却益を多く残す方法(任意売却)

聞いたことはあるけど詳しくは解らない
費用が結構かかるのでは?
時間を取られて仕事に影響するのでは?
手続が面倒?

分からないはお聞きください。聞いて納得してからどうするか判断すべきです。
今ならまだ間に合いますが、残された時間は僅かです。1人でも多くの方に良い結果をもたらす為に全力で支援致します。

民事再生がダメでも任意売却で

chirashi5任意売却で不動産を売却する場合、競売での落札価格より高い一般市場の相場に近い価格での売却が可能になります。

よって住宅ローンの残債務を軽減でき、金融機関等の債権者に対しても競売になった時よりも多く返済することができます。残債務についての対応も柔軟に処理してもらえることになります。

また、抵当権抹消費用、仲介手数料、マンションにおける管理費や修繕積立金の滞納分などは売買代金で精算してもらえる場合が多いのです。通常の不動産売買のような費用の心配はありません。

金融機関等の債権者に引越し費用や生活準備金などの面倒を見てもらえるケースや、事前の購入者との話し合いで不動産明け渡しの期日をコチラの希望に合せてもらうことも可能です。