相続の相談を受け付けていると、相続人同士の争いや相続税、相続財産の調査や鑑定、特別受益、被相続人に対する思いや感情的なものまでいろいろです。

相続人同士の争いで多いのは、兄弟間だと被相続人と同居していた相続人がそのままの家に住んでいたいのに対し、実家から出た他の相続人は売ってお金に換えたいという対立から最後は競売に至るケースや先程と同様に被相続人と同居していた者が親の預貯金を引き出し使ってしまっている場合などです。 いずれも親元で当たり前のように暮らしていた状況が一変するので、急に法定相続等の法律的な事を言われてもいけ入れられないのでしょう。

また、相続税についても基礎控除の範囲内にもかかわらず不安に思ってしまう方も多いようです、相続した財産を上回る相続税の支払いはあり得ないので心配する事は無いと思います、確かに相続財産が不動産等で売るに売れないという事もあるとは思いますがその場合物納する手もありますし、それ以前に相続放棄するか?考えた方が良いでしょう。

成人して地元から離れたところで暮らしていると、いざ相続が発生した時にどこに幾らの相続財産があるのか?解らないことが多いようです。特に争いが無ければ良いのですが、親元にいた兄弟が財産を隠しているのでは?現金で隠していたタンス預金の行方は?以前あったはずの預金が無くなっている、と相続人同士疑心暗鬼に駆られることもあります。 出来れば前もって相続財産の整理をしておくと良いでしょう。

また、不動産の場合、鑑定結果に納得がいかないなんて事もあります。 相続財産の家屋に住んでいる相続人からすれば少しでも安い評価が出た方が良いですし、逆にそこに住んでいない相続人からすれば少しでも高い評価の方が良いのです。 相続財産がその不動産しかなかった場合、家屋に住んでいる側は住んでいない相手に対し、それなりの金額で買い取るか共有名義にすることになってしまいます。 買い取り資金として手持ちの預貯金を使うか、無ければ借り入れをしなければいけなくなる事もあります。 また、共有名義にした場合、そこに住んでいない人でも持ち分の不動産を抵当に入れて借り入れも出来ますし、その人が亡くなってさらにその下の代に相続なんて事にもなりかねません、出来れば不動産の共有は避けた方が良いでしょう。

今まで親から請けた恩恵を兄弟間で自分の方が少ないと思う人も多いようで、例えば兄は大学にかかったお金がOOだ、姉はマンションを買う時に頭金を出してもらった、弟は車を買ってもらっている等、人の事はよく見えて相続の際にそれを主張する事もあります。 確かに一定の子供にひいきする事もあるようなので一概には言えないのですが、もし、特別受益があったと主張するならそれなりの証拠が無いとだめです。 何かを買ってもらったと言っても現金手渡しで渡していた場合立証するのは困難です。

一番厄介なのが感情的な争いです、これは相続では無くとも同じなのですが、割り切れない部分があり解決しにくいのです。 例えば誰も住んでいない親の家を思い出があるから売りたくな人と、管理や固定資産税がかかるから売りたい人や、今まで何の面倒もみなかったのにこういう時だけ出しゃばってきて同じ権利を主張されて納得いかない人、長男が仕切っているのが納得いかない等様々ですが、感情は抜きにして法律に従って遺産分割を勧めるのが一番の解決法です。