会員サポートで難しい問題も解決!

相続税


相続税の対策や控除等のしくみ

相続税とは、亡くなった人(以下被相続人という)が残した財産を相続する人(以下相続人)にかかる税金の事をいいます。 しかし、全ての財産にかかる訳ではありません。税金が控除されるものもありますので、ご参照ください。

税・基礎控除の計算

相続人が心配するのが相続税のことですが実は、相続税のほとんどで課税されることは稀で、相続発生件数の全体から見てほんの5%位なのです。 昔、昔、有名な言葉にもなりましたが相続破産なんてこともありましたが・・・

相続税の計算は複雑ですが、遺産総額に対して一定の税率をかければいいのです。課税される遺産総額が基礎控除の額を超えることがなければ、いいのです。

基礎控除の額は、相続人1人に対して6,000万円です。以降1人増える毎に1,000万円プラスしていきます。

課税対象となる遺産の総額が、8,000万円の場合→相続人が3人で計算すると下記の様になります。

相続人1人目
6,000万円
相続人2人目
1,000万円
相続人3人目
1,000万円


6,000万円+1,000万円×2=8,000万円で相続税は0円です。

一見、基礎控除額を差し引いても課税遺産総額が残ってしまう場合でも、遺産分割の方法で相続税を軽減又は、なくなる事もありますので正確に 調べる必要があります。

配偶者控除の特権

配偶者控除とは、法定相続人の中でもただ1人適用される特権で通常1人の基礎控除は、6,000万円ですが配偶者の場合は1億6,000万円なのです。

しかし、内縁関係や愛人の場合は認められません。あくまでも婚姻関係にある法的に夫婦である事を証明できる人のみです。

相続税対策=節税

相続税は、原則として相続の発生を知りえた日の翌日から10カ月以内に申告をして納税しなければなりません。多くの不動産を相続する場合には、 かなりの現金が必要になります。

基本的に納税は、現金ですので土地などを手放すことになるのも現実にありますが、前記で述べたようにそうい ったケースは稀ですので しっかりと遺産を把握する事が重要です。

相続税法上では、控除枠がありますので、これを利用して節税を実現できます。財産目録の作成をして、遺産分割の協議書を用意しておきましょう。

税対策を行う上で必要になりますので、相続人間で良く話し合いができる関係でなければなりません。

節税は、あくまで税法を守り合法的に行う事 を前提にしていますので違法な脱税とは別物という認識をもって行いましょう。


投稿記事

PAGETOP
© 2010 NPO法人無料相談センター