会員サポートで難しい問題も解決!

詐欺の救済は被害前に

  • HOME »
  • 詐欺の救済は被害前に

高齢者を狙った詐欺が目立つ

高収入詐欺高齢者を狙った詐欺が目立ちますが、私共のセンターへ相談が寄せられる方の年齢層10代から70代と幅広いです。

若い人が詐欺被害に遭う原因となっているのはインターネットの普及により相手の顔や連絡先も確認しないで取引や投資などをしてしまう事がほとんどです。

また、被害金額が大きい場合などは相手に会っているにも関わらず、聞いていた情報が嘘であったり貸金としてお金を渡しているとの理由で詐欺として立件が難しいなど、いずれにしても詐欺師の罠にはまってしまうのです。

毎日たくさんの詐欺被害の相談を受けますが、気づいてからでは遅いのです。ほとんどの方が泣き寝入りをしているのが実情です。

どうすれば詐欺被害者の方を救済できるかと考えましたが、被害に遭う前に止める事が一番の近道だと気づきました。

出来るだけ多くの方にこの活動を知って戴き、身近で詐欺被害に遭いそうな方がいれば是非相談頂ければと思います。

詐欺被害事例

芸能、モデル、美容、勧誘詐欺(脱毛やエステ料、写真など自己投資)

競馬予想 パンフレットなど実在するような協会を装う。

融資詐欺 審査をすると言い携帯を契約され信用があるかと誘導される。スマホタブレットは送るように言われ融資はなされない、または数万円だけ振り込みがある。

出会い系SNS ほとんど恋愛商法に近い。 出会い系サイトではお金をあげますという言葉に引っかかり、ポイントを買わされる。 最近は振り込みなどさせるのではなくアマゾンギフトや商品券を買わせ、登録番号のみ伝えるよう指示。

その投資・副業大丈夫?

投資副業副業や投資、ギャンブル、融資等の金銭的な欲求を逆手に取り、後で回収出来るから大丈夫と言って入会金や手数料などの費用を支払わせ、その後連絡が取れなくなるといった被害が横行しています。

自分だけは大丈夫と思っても後悔しないように慎重に確認しましょう。

出会い系で知り合った異性を信用してしまい、嫌われたくないという心理に付け込み投資や契約事をさせられてしまい急に連絡が取れなくなるといったケースも多いです。

いずれにしても相手の情報がほとんどなく連絡が取れなくなった時点で被害金の回収は難しくなります。

万が一、相手が特定できていても詐欺として立件できず、民事で請求しても差し押さえる財産が無い事がほとんどで全く意味がありません。詐欺被害を無くす為には事前に確認する事が必要です、騙されてからでは遅いのです。

モデル・プロダクション勧誘

モデル街中でのスカウトやネット上でのモデル・タレント募集などをきっかけに被害に遭う事も有ります。街中では芸能関係は興味ないですか?などと言い突然声をかけてスカウトをする人がいます。

よくテレビに出ている有名芸能人や、タレント、モデルの始まりはスカウトされて芸能デビューをしたという話はよく聞きますが、スカウトマンが必ずしも正規な業者とは限りません。

残念な事に正規の業者を装い詐欺を目的としている業者も数多く存在します。

容姿や身なりもきちんとし、しゃべり方もちゃんとして、パッと見は疑うことのないように見え実は・・・、なんていうこともあります。

スカウトの中には水商売関係、アダルト関係など色々なジャンルがあり、興味がある人もいると思いますが、モデルや芸能関係と言いつつ、いざ仕事となると話が違うなんてこともあります。

騙し方はそれだけではなくスカウトされた側なのに莫大な費用が掛かることです、エステや美容関係などを進められ10万円単位~100万円単位迄のクレジットを組まされる被害もあります。

中には本物のスカウトマンや芸能関係者、業者もいますので見極めが必要となってきます、せっかくのチャンスを無駄にする事も無いので相手の方が正規の会社なのかを確かめてから判断すべきです。

ギャンブル系のトラブル

ギャンブルギャンブル関係でのトラブルは昔から多いですが、負けて損をした後の相談が増えています。

競馬予想の情報を売っている会社を雑誌等でよく見かけますが、絶対当たります!必勝法!

など必ず当たる内容を教えるとうたっていることが多く、当たらなかった時はクレームやトラブルにつながります。

儲かる情報は誰もが知りたい事であり、ギャンブルは負けると燃えるなんて言いますが、負けた分をギャンブルで取り返す。

そう考えてしまうと負の連鎖が続き予想や必勝法などの教材を買い結局損をする事になるかもしれません。

実際に必勝の糸はどこから来ているのか、教材などに載っている人物は存在するのか?聞きなれない名称やそれっぽく創り、見せかけだけではないのか?

全ての教材が偽物ではないと思います。実際に研究を重ね必勝法というのが存在するかもしれません。

本当に信用があるものなのか、一度利用する前に調べてはいかがでしょうか?

融資目的で金融機関への誘導

融資目的の詐欺いつの時代もお金のトラブルは尽きません。

今は消費者金融から融資を受けようとしても総量規制の関係で、収入の1/3の金額しか借りられない法律があり、多額のお金を借りられません。

消費者金融のほとんどが銀行へ吸収され、倒産した会社も数知れず、お金を借りたい方は厳しい状況に追いやられています。

最近の相談は貸金業者に申込みをしたのに融資してくれない。

むしろ詐欺被害に遭う様な相談が多くなってきています。

多くはネットから申込みをする事が多く、審査が緩いというのをうたい文句にしており、DMなども同じですが、わかりきった闇金業者からお金を借りる人は中々いないでしょうし、よっぽどの理由がなければ手を出さないものです。

ではなぜ融資をしてくれないのか、逆に被害が発生しているのか、申込みをする人に共通するものは今どうしてもお金を借りたい、借りなければいけないという状況なのです。用途はギャンブル、酒、女性関係、多重債務などです。

当たり前のことですが、他の消費者金融で審査に落ち融資が受けれない、総量規制によってもう借りられない、そんな方でも融資可能となったらお願いしたくなるものです。

必要なお金だからこそ無理をしてでも借りたいのは解りますが、問題のある会社から借りてしまうと取り返しのつかないことになるかもしれません、そうなる前に事前に確認しましょう。

出会い系SNSによる被害

SNSの勧誘最近の出会い系とは、ちょっと前みたいにそのままの名の通り出会い系サイト!というイメージとは少し違うようです。

SNS俗に言うソーシャルネットワーキングサービスというものです。

ツイッターやフェイスブックなど簡単に人と交流できるツールがあるため出会い系にも変化が起こっています。

本当に存在する人が登録してそのサービスを使うのは当たり前ですが、中には異性のフリをしてサービスを受けている事もあるようです。

そんな中、出会い系での被害とは何なのか、相談者の方から寄せられてくる声は、「お金を取られた」。

「よくわからない契約を取り交わしされた」。

「連絡がつかなくなった」。

「知らない人が出てきて脅されている」。

「法律に違法していると言われた」、など被害後の相談が多いです。

中でも出会い系SNSの『騙すつもりの人』のほとんど恋愛商法に近い。

女は色気、男は金持ちを武器にして異性をだます。なんて声も上がっている。

中には本人で本当のことを言っている人もいるのも事実。実際にどのように見極めるか、相手の嘘や偽りに気づけるかどうかで自身の被害を防げる事に繋がると思います。

この様に人の心理に付け込んだ詐欺が横行している中、私共は何とか阻止出来ないかと考え、被害に遭う前に事前に相談して頂く事が最善の策だという結果に至りました。

大切なお金を無駄にしないように、悪質な詐欺師を肥えさせない為にも事前に相談、確認してください!

詐欺被害撲滅

詐欺撲滅毎日10件近い詐欺被害の相談を受け何とか解決をと試みますが、ほとんどの場合回収が難しい状況です。

では、なぜ回収が厳しいのか?

・詐欺師は詐欺を確信的にやっているので、住所、電話、口座、会社、個人名が全て架空であったり他人の物であるため詐欺師(グループ)に辿りつけない。

・被害者からすれば詐欺被害に遭ったと思う内容でも、表面上の形が整っているため詐欺被害として立件できない。

・渡したお金を貸金にすり替えて借用書を発行している場合、民事でしか争えず裁判所から判決を貰っても差し押さえる物が無く回収に繋がらない。

この様に支払ったお金を詐欺師から回収するのは困難です。

どうすれば良いか?

騙される理由で圧倒的に多いのは、「おいしい話」に乗っかり欲にかられ、自分を見失った結果気がつかず、少しずつおかしいなと思ううちに最終的には騙されていたと気が付くのです。

詐欺に遭う前に少しでもおかしいと思った時点で冷静になり、確認してから対応しましょう。

相手から支払いや決断を急がされたり、1部の人しか知らない貴重な情報と言って判断を鈍らされるので日ごろから気にしましょう。

詐欺被害に遭う前に

被害前O日迄に申込まないと締めきる又は申し込めば特典がある(自分の知らない新しい事に挑戦する時は焦らずじっくり考えてからにしましょう。それからでも遅くはありません。)

高配当:(高配当の根拠を良く考えましょう、ありえない話が多いです)

元本保証:(口頭で元本を保証すると言われてのでと信用する方が多いようです、本当に保証するのなら書面で貰いましょう。また、相手に保証するだけの資力がなければ意味がありません。)

法律ギリギリの特殊な方法:(通常は・・・だけど***を経由してなど本当の様な話しを信じてしまう方が多いようです。本当の事なら煩わしい方法を取る必要はないのです。)

自分が理解できないような説明:(肩書きのあるような人に難しい言葉で説明され、この人だから大丈夫と思いこんでしまうのは止めましょう。解らないことは調べましょう。)

宝くじやロトなどの当たり番号を教える:(当たり番号が事前に解る事は絶対にありえません。貴殿に教える前に自分や知人が買う方が効率的です。)

少しでも不安がある時に確認できる機関があると良いですね。


詐欺被害の犯罪は

警察庁   警視庁   国民生活センター

投稿記事

PAGETOP
© 2010 NPO法人無料相談センター