配偶者が浮気をしているのではないか?

スマホチェック

との疑いがある場合、携帯電話をチェック出来れば大体の様子は解るのですが、肌身はなさず持っていたり、ロックがかかっている。

その様な場合は、携帯電話を調査する事も難しくなります。

運よく携帯電話の中身を見れる状況になったとしてもデータが消去されている場合もあります。

こまめに通話記録やメール等のデータ削除などは面倒で普通はしないと思います。

この場合はかなり浮気をしている疑いがあります。

また、画像フォルダに浮気相手との写真を保存している可能性や、ネット検索履歴を確認すれば浮気の兆候がみられる事もあります。

車を調べて浮気調査

車内チェック

浮気の疑いがある配偶者が車通勤であったり、車を足代わりに使うような場合は浮気の証拠が車に残されているかもしれません。

浮気相手が女性の場合アクセサリーなどを落としていく事や、シートについている髪の毛などを調査する事で浮気が発覚する事もありますが、言い訳が出来てしまうため決定打にはなりにくいです。

また、カーナビの履歴を調査した時に、仕事と言って出て行った日に行楽地や繁華街に行っている事があればほとんど浮気をしていると疑って良いでしょう。

持ち物を調べて浮気調査

カバンの中身

浮気をしている側とすれば最初のころは罪悪感や後ろめたい気持ちもあって慎重になっているものですが、何回も浮気を繰り返し慣れてくるとそういった気持も薄れいたるところに証拠となるほころびが出てくるものです。

異性と2人でなければ行かないようなレストラン等のレシートが出てくれば日時や行った人数、注文したものまで解るので男二人で行ったなどの言い逃れも出来なくなります。

また、ラブホテルのポイントカードやコンドーム、大人のおもちゃをもっている場合もあります、これは決定的で言い訳の言葉もありません。

追跡して浮気調査

尾行これは難易度が高くなりますが、物証が出なかった場合相手を尾行する事で浮気の調査をするケースもありますが顔や容姿が解っている相手が尾行するのには限度があります。

相手と至近距離になれば解ってしまうので、電車で同じ車両に乗れない、エレベーターも一緒に乗れない、振り返っても判らない距離で追跡するとなると不可能に近いです。

知人や友人に浮気の相談も出来て協力してくれる人がいると助かります。

車の追跡をする事が効果的なようです、良く聞くのが子供用の携帯を車に忍ばせてGPSの位置情報で行動範囲を特定して現地に行くというものですが、行動力や観察力に長けていないとなかなか難しいようです。

いずれにしても、追跡して浮気調査をする場合はプロの調査会社や探偵に頼むべきでしょう。

彼らは離婚裁判の資料として使える証拠を取ることを仕事としていますので、言い逃れできない写真や依頼すれば浮気相手の素性まで調べてくれるので浮気相手への慰謝料請求も出来ることになるのです。

しかし、調査会社や探偵会社だからと言って何でも良いわけではないのです。

料金を安くするために頼んだ調査会社がきちんと仕事をするとは限りません。

実際、調査会社や探偵会社に依頼したことによるトラブルの相談も多く寄せられていますので業者選びは慎重にすべきです。