慰謝料慰謝料の請求は大体の平均相場があり、おおよそですがケースによって金額も違いますので参考までに。

※悪意の遺棄のケース:40万円から400万円

※DVのケース:50万円から500万円

※不貞行為のケース100万円から500万円

金額は大幅に違うわけでもないですが、内容によっては平均相場を上回る事もあります。

それだけ?と少ない場合もあります。

悪意の遺棄は生活費を入れない。

別居をするなど夫婦としパートナーとともに生活を拒み拒否することが原因となります。

DVは文字通りドメスティックバイオレンスの略で家庭内暴力をいいます。

不貞行為は浮気です。

絶対的な高慰謝料がどれというのは先程もお伝えした通りケースバイケースです。

調停でどう自分の主張が通るか、どこまで証拠があるか、どのようにして心に響かせられるかが重要になってきます。

慰謝料請求の時効

ご存知ですか?慰謝料請求には時効があり2つの期間があることを。

慰謝料の時効1つ目は不倫不貞があった時から20年間。

2つ目は不倫相手の事をされてる側が知ってから3年

1つ目はわかりやすいのですが2つ目の知ってから3年の意味。

勘違いしやすいところで単純に浮気した時から3年誤解しやすいので注意しましょう。

あくまで知ってからです。判例によって離婚成立後からとか色々なパターンがありますのでよく調べておきましょう。

親権と監護権

親権と監護権夫婦間の問題だけではなく子供がいる場合どちらが親権になるか決めなくてはなりません。

子供が未成年者なので法定代理人を立てるのです。

通常は協議で話し合い決めていくものですが、なかなか決まらない事が多く、裁判所で調停という流れが多くなってきています。

親権とは法律的に身上監護権・財産管理権があり、簡単に申し上げますと、身の回りの世話、教育とお金、財産管理などで分かれているのです。

親権を決める基準ですが経済的なものも必要ですし教育的にもしっかり見れないと心配、夫婦のどちらかが自分の意思で子供の取り合いをしては基準から外れてしまいます。

安定した生活環境がどちらの方がいいのか見極められるので、今までしてきた行動などが参考になる場合もあります。

ただし子供がまだ小さく幼児の場合は母親と一緒に居るのが自然であると考えられます。