会員サポートで難しい問題も解決!

飲食店経営救済

  • HOME »
  • 飲食店経営救済

新型コロナウィルスの影響で経営難に陥っている経営者の話をよく耳にするようになりました。

店は営業自粛要請、時短営業によって営業時間を制限され、お客も緊急事態宣言や会社の方針、家族や周りの人を気にして今まで通り飲食店に行く人が圧倒的に減り、以前、どんなに繁盛していた店でも集客に悩んでいます。

店を開けても仕入れ代や人件費がかかる割にお客が入らず、赤字になることも多く休業する店も増えました。

また、これを機に廃業する店も増え、そこで働いていた従業員や物件を貸して家賃収入を得ていたオーナーにも影響が出始めました。

店舗経営者救済

新型コロナの影響もあり、すぐには以前の様に飲食店を利用する人が戻ってこないと思われます、それどころか、企業がテレワークを推進したり地方に事務所移転することによって都市部へ出勤していた人口が減っています、会社の経費を使って行われていた会合や飲み会も無くなり、仲間とコミュニケ―ションを計るための飲み会も会社の指示で自粛するようになり飲食店の売上は減少しています、長い時間店を開けていても経費だけ掛かるので時間短縮したり、従業員を減らしたりと経営者はいろいろ考え何とか店を維持し、利益を出そうと努力していますが毎月かかる家賃だけは店を開けても閉めていてもかかることには変わりません。

それであれば、自分で使わない時間を人に貸してその分の賃料を貰う事でリカバリーできるのではないでしょうか。

以前からこのような形態は有りましたが、テナントオーナーが又貸しを禁止していたり、店舗経営者も自分の店を人に貸すという事に消極的でした、しかし、今の状況を考えるとテナントの空室も目立ちオーナーも対策をしなければいけませんし、店舗経営者も店の存続のため背に腹は代えられない状況だと思います。

ひと昔前、インターネットで買い物なんてはやる訳が無いと日本中のほとんどの人が思っていたと思いますが実際はどうでしょう、ネットショッピング無くしては成り立たないような時代になっています、これと同じでそんなもの面倒くさいし貸す人も借りる人もいないと, 考える事すら停止してしまうと時代に取り残されることになるかもしれません、賃料や契約内容等の条件面さえ整えば何もしないで売り上げが入ってくるという事を認識しましょう。

売上減少

コロナウイルスの影響で営業時間の短縮、緊急事態宣言により営業が出来なかったなど、売上が減少し、借りている店舗の家賃が払えない、従業員に給与が支払えなくなる問題が急増しています。

この危機の中、あらゆるアイデアで飲食業界は生き残らなければなりません。

あるお店はデリバリーに力を入れたり、お弁当、お持ち帰りにシフトチェンジするお店も増えています。最近ではUber Eatsや出前館などデリバリーに特化した業者なども活躍しており、新しいビジネスモデルも誕生しつつある状況です。

沢山のアイデアを出してもお客さんが来ないと飲食店は持ちません。

そんな中、お店の売上減少を軽減する方法があります。

それは、お店の時間貸しです。

営業をしていない時間や休みの間、借りたい人に貸すシステムを活用すれば、今まで何も生まなかった無駄な時間を売上として収入が得られます。

実際に場所貸しや空き時間の有効活用の需要はニュースでも話題になったこともあり、この時間帯だけ借りたいという、飲食開業希望者の方は増えております。

貸出に関する家賃や曜日、時間、業種等の利用条件は飲食店経営が決められます、利用時間帯や利用可能設備など細かく設定できます。

貸出店舗の例をあげますと、17時~23時迄の営業のお店、朝やお昼はあまり利用をしない。

ランチの時間帯のお弁当や、デリバリーサービスを行う業者が10時から14時まで利用する。

使う設備はまな板とガスコンロのみ、簡単な調理で温めて、箱に詰めるだけ。お弁当を売り、出前などでしか利用しないため、簡単に言うと、軽作業の場所を貸す感覚で売上が見込めます。お店がお休みの日は長時間の収入が見込めます。空き時間を有効活用するのも1つの手段です。貸出条件も光熱費の負担、設備利用料など、借主ときちんとした契約を取り交わせば問題はございません。

飲食店舗は業種によって様々な種類があります。

お昼中心のカフェや、夜中心で動くバーなど、ランチ、ディナーをやっているレストラン、居酒屋、専門職のお寿司屋、焼肉、ラーメン屋、カレー屋など、需要と供給に合わせてマッチングする事が可能です。

今や飲食業界は不況のふちに立たされており、今までもギリギリで回していたお店には今の状況では生きていけないのが現状です。助成金だけでは営業の維持もできないのが現実です。困難を乗り越えるためにも、少しでも売り上げや、収益につながる行動が必要になります。

話題性について、普段の営業時間外でお店を貸すとこんなメリットもあるかもしれません。

「あのお店お昼はやっていないのにランチ始めたのかなぁ」など、お店の存在や、アピールに繋がる可能性もございます。借りたい人に貸すだけで、収入+広告にもなるのです。

飲食店は今の時代お店を出すだけでお客さんがすぐ集まってくることはそうありません。ネット広告、ホームページ開設、チラシなどのツールを用いて行うのが皆やっているベースとなっておりますので、貸すことにより集客に繋がる事はメリットと言えるでしょう。

お店を出してみたいという人は多くいますが、設備投資等の費用が掛かりすぎてお店を出せない方や、賃貸契約にかかる開業資金が足りない方が多く存在しています。

ビジョンや、経営戦略がしっかりとしているのにお店を出せない方に空いた時間を貸すことによりお互いメリットが生まれ助け合う事が実現できるのです。

また、テナントのオーナーが又貸しを許してくれないのではないかという不安もあると思いますが、テナントオーナーさんも空室が埋まらなくて困っているという話を聞きます、新たな形態として受け入れる方も増えてくると思いますし、そうしないと成り立たなくなる場合もあります。

お店の売り上げと、新しいビジネススタイルでチャンスをつかみ、黒字経営を目指しましょう。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

テナントオーナー救済

昔ながらの日本の賃貸借契約で転貸借禁止という条項が有ります、テナントを借りた賃借人は勝手に第三者に貸してはいけないというものです、当然、勝手に貸してしまってはテナントの所有者としては困ります、火事を起こしたのは誰で誰に責任追及できるのか、家賃を滞納しているけれども賃借人が対象物件に居ない、いるのは又借りした人で自分の家賃は転貸人に支払っていると言われ話にならない等の問題が生じるからです。

また、業種を指定されていることも多いです、それというのもオーナーが最上階に住んでいることが多いので匂いや煙が出ることを嫌い最初はほとんど匂いの出ないケーキ屋と聞いていたものが経営がうまくいかず勝手に焼き肉屋やラーメン屋へ変更した場合、予想外の煙や匂いに悩まされる事になるからです。

しかし、業種変更や転貸借の問題もきちんと確認契約の上で許可すれば問題ありません、逆に解らないところで勝手に人に貸したりされる方がよっぽど怖いです。

今後、空き店舗が増え新規募集も難しくなると思われる中、新たに時間貸しや一部転貸借を認めることで一定の家賃収入を守ることができます、昔の古い契約や常識にとらわれずに、新たな形態に変化していくことが重要です。

空室にお困りの不動産オーナー

新型コロナウィルスの影響もあり、テナントの空室問題にお困りの不動産オーナーの方へ朗報

今まで長年営業していた居酒屋が解約

何年も前からテナントを借りていた居酒屋から急に解約するとの連絡があった、理由を聞くと以前からチェーン店の飲み放題や低価格帯の飲食店にお客を奪われてはいたけれども何とか営業していた。

従業員やバイトの入れ替わりも早く、辞めていくたびに募集広告をかけてやっと人を集めてもすぐに辞めてしまう、かといって時給を上げると人件費がかかり結局利益が出なくなってしまう。

そんな中、新型コロナウィルスの影響で緊急事態宣言が発令され飲食店が時間短縮営業を余儀なくされた、実際に予約の取れなかったような繁盛店ですら予約が取れるようになり、日によっては空席になる位お客さんが減り、街に人が出歩かなくなった、持続化給付金や家賃支援給付金等の支援が有っても何か月も売り上げが激減し店を開けていれば家賃と人件費は出て行く状態が続き今まであった資金も枯渇していく、今後続けることが困難になったとのこと。

このように居酒屋だけでなく、カフェ、バー、カラオケ店、レストラン、すし屋、そば屋、ラーメン屋、焼き肉屋などありとあらゆる飲食店が新型コロナの影響を受け休業や廃業に追い込まれています。

そうなると、テナントを貸しているオーナーにも影響が出てきます、今まで毎月入ってきた家賃が止まり、今までであればすぐに次の店子が決まっていましたが、今の状況ではなかなか新規出店する人も無く、空室が続いてしまいます。

また、何とか解約にならずに営業している店でも家賃の滞納や家賃の減額交渉をしてきたりで今まで通り家賃が安定的に入って来なくなります。

出店している店子の経営状態が改善しないと元の状態には戻らないのです。

そこで、数年前から目に触れるようになったゴーストレストランというものが有ります、これは、飲食店が営業していない時間帯にキッチンを借りて調理した料理をデリバリーで届けるというサービスです。

キッチンを貸す側からすれば、使わない時間帯を貸して賃料を取れるメリットがあり、借りる側はほとんど初期費用を掛けずにデリバリー専門のお店を開けるというのです。

お互いにメリットしかないような形態ですが、現在、日本の賃貸借契約書にはほとんど転貸借禁止の条項があり、表立って使う事が出来ません、しかしこれは貸す側のオーナー次第で転貸借を了承すれば可能な事です。

確かに権利関係が複雑になり、賃借人が物件使用者ではない事から賃料の未納が発生しても店に行っても関係者が居ない、火事などが発生した場合の責任所在がどこなのか等の不安は有ると思いますが、知らないところで勝手にこそこそ貸して何か起こるよりも表立って転貸借を認め、きちんとした契約を結べばリスクを最小限に抑えられます。

また、転貸借を了承することで店子は助かり、家賃の滞納や賃貸契約の解約をする確率も減ってきます、最終的には不動産オーナーの安定収入に繋がるのです、これからの時代、空室が増えいち早く転貸借を承認したオーナーは今まで通りを維持でき、昔ながらの転貸借禁止を誇示したがために空室だらけになってしまいその後、空室が埋まらず賃料を大幅に下げて募集するという様な事もあり得ます。

既に空室で悩んでいるというオーナーの方でも、時間貸しという方法で少しでも家賃収入を上げるという方法が有ります。

テナント募集する際に一ヶ月00万円、保証金又は敷金00万円、礼金00万円という広告を良く目にしますが、何か月も空室で新規申込が来ないのに少しくらい家賃を下げてもすぐにはテナントは入りません、しかも、テナントが入るまでの間は空室のままで家賃が入らず無駄という以外ありません。

今までは、少し待てば新しく申し込みが入り契約となっていたかもしれませんが、新型コロナの影響で飲食店の廃業が増え、企業によってはテレワークを推進しその社員が都会で飲食しなくなり、会社の一部が地方へ引っ越すような企業もあり、今まで賑わっていた繁華街も今までどおりとはいかないのです。

そうすると、テナントを貸すオーナーも変わらなければ時代に取り残されてしまいます、今まで一ヶ月単位の家賃が当たり前だったものを1日単位、場合によっては時間貸しをすることによって空室対策を出来るのです。

管理や契約がめんどくさいと思う方は業者に丸投げすれば良いのです、手数料を引かれたとしても全くの0よりはよっぽど良く、場合によっては時間貸しで借りた方がたまたま気に入って通常の賃貸契約に繋がることもありえます、メリット以外無いと思われます。

どのように収益につなげれば良いか、契約関係等も気になるところだと思います、このような空室、家賃の滞納、家賃減額交渉等にお悩みの不動産オーナーさんは一度ご相談ください、収入が減り困っている一時出店希望の方もおりますので、条件さえ合えばご案内可能です。

出店希望者救済

いつかはお店を経営したいと思っている方は大勢います、しかし、今働いている安定収入を捨ててチャレンジする勇気が無い、やりたい気持ちはあるけれどまだプロとしてやっていくだけの自信がない、プラン、コンセプトなどの構造は決まっているが資金が無いなどチャンスやタイミングさえあれば何かしらお店を出してみたいけれども現状のまま日々を暮らしているという方ですが、考え方によってはチャンスを得ることができます。

それは、既にお店として経営している店舗の営業していない時間帯を借りて営業をするというものです、初期費用はほとんどかからず、家賃も格安で借りれ、うまくいかなければすぐに辞めれてもダメージが少ないのでプランを練り直しすぐ再チャレンジが出来ますし、場合によっては既存店の常連さんがついてくる可能性もあります、店が順調で軌道に乗ったところで正規のお店を契約して出店するという手もあります。

今の仕事を辞めない範囲で、空いた時間で、経費もかけないで、お試し感覚でお店を出せるのです、時代の流れでこのように昼と夜が違う店、曜日によって違う店、たまにはデリバリー専門の店というのもお客さんとしても楽しめて良いと思います。

収入減で困っている方救済

新型コロナの影響で給料が減った、リストラにあった、バイトのシフトが減らされた、契約が切られた等、収入が減って困っている方は大勢います。

また、新たに募集広告に応募してもなかなか受からず、空いた時間で副業をして収入を増やそうにもなかなか良い副業も有りません。

そこで、以前調理経験がある人や手に職のある人、小さなお店ならできそうだなという方もいると思います、そんな方は時間貸しの店舗を借りて副業としてお店を出し、お弁当を売ったり、宅配の商品を販売したりして収益を上げるという方法もあります、場合によっては来店型の店舗を開いても良いと思います、たまたま人気が出てそれが本業になることもあると思いますので、どこかに勤務することにとらわれず、自分で開業することも視野に入れることも必要です。

店の経営をしたい、飲食店を開きたい!飲食経験があり自分のお店を出したいと思う方は多く存在します。

経験はあるけど経営するのは不安、失敗したらどうしよう、資金面にも余裕が無い等で現状維持で留まっているけれどもチャンスが有ればやってみたいという方もいます。

また、新型コロナの影響で今務めている会社の給料が減った、バイトのシフトを減らされた、契約を切られたといって、日々の生活費に困窮し、副業を探す方もいます。

そのような方に朗報です、今まで時間貸しなどの転貸しを嫌がっていた店舗経営者やテナントオーナーが新型コロナの影響や時代の変化によって転貸しを認めるような風潮になったのです。

店舗経営者も一気にお客が減り家賃を払うのも大変という状態で店を辞めるところも出てきました、そうなるとテナントのオーナーは空室に悩みそれを解消するためには店舗側が何とか生き残れる方法に協力するしかないのです。

お店が24時間365日稼働しているような場合は関係ないですが、ほとんどのお店は長くても12時間~15時間営業で週1~2日休みというのが一般的だと思います、そうすると一日の半分は使わない日がほとんどで一ヶ月に4~8日は全く使わないのです、その空いた時間を出店希望者に貸し出すことで家賃収入を得られれば減少した売り上げの穴埋めになるのです。

この空いた時間を借りて省コストでお店を始めることによって、一から物件を契約して設備を揃え、スタッフを募集して公告をうってと本来かなりの初期費用が掛かるところを僅かな資金で始められるのです。

また、失敗してもすぐ撤退することでダメージも少なく済みますし、経験を積むことができます、試しながら自分のスキルを上げ行けるのです。

既存店の常連さんが利用することも有るでしょうし、狭くなったからといって移転するのも簡単です。

ウーバーイーツや出前館などの宅配も流行ってきていますので今始めれば追い風に乗ることも可能かもしれません。

もちろん借りられる設備には制限が有ります、冷蔵庫を利用したい、調理スペースの確保、ガス台の使用、ユーセンなどのBGM使用許可、要望に合わせたお店を探し条件に合ったところを借りるようにすれば良いのです。

いつかはお店をやってみたかった、副業で少しでも収入を増やしたいという様な方は一度チャレンジしてみるのも良いと思います。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 


TEL 03-5823-4670

投稿記事

PAGETOP
Copyright © NPO法人無料相談センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.