しっかりとした証拠を準備して浮気・不貞を暴きましょう

浮気の証拠はどこまで持っていれば有効なのか、実際どう集めればいいのかわからない方も多いと思います。

浮気をされているとわかった時、どう動くべきか判断を誤ってしまうと損をする可能性があります。先の将来、離婚、慰謝料請求、親権問題、財産分与、資産問題など壁がいくつもあります。単純に配偶者が浮気相手と別れたとして、今の婚姻生活を続けたいというお考えもあるでしょう。

では目的の為にどのような浮気の証拠が必要になるかというと。

まずは証拠写真、浮気相手と一緒にいる写真です。単純に2人でいるところだけを撮っては浮気の証拠にはなりません。宿泊施設、ホテル、浮気相手自宅などの出入りをおさえなければなりません。

クレジットカードの明細、交通機関で利用する電子カード明細の履歴なども十分な証拠になります。車をお持ちの場合はカーナビの履歴もチェックしておくといいでしょう。

今の時代、SNSや携帯電話が普及し、ネット上でも証拠となる写真などがアップされている可能性もあります。証拠として写真とは違い若干証拠能力が弱い部分でもありますが、ないより少しでもあった方がご自身の目的に近づけると思います。

簡単に説明しますと、夫婦関係が破綻したことを明確に、破綻理由が分かり、明確になると離婚請求が通りやすく、請求が認められやすいという事です。

なので、不倫、不貞行為があったことを証明する為に、浮気の証拠、不貞があった事実を明らかにさせる必要がございます。

相手の不貞行為をした証拠があれば、相手から離婚をしたいと言われても認められないので、離婚を希望する場合は、ご自身のタイミングでするしないを決められますので有利な立場で対応出来ます。

浮気をされて感情的になり、違法な証拠集めは避けて下さい。盗聴など違法な証拠集めはご自身が必ず不利になりますのでやめましょう。

浮気の証拠集めとは関係ありませんが、感情的になり、相手に対して問い詰めたり、勤務先に暴露する行為、嫌がらせなどの行動も控えて下さい。当センターへ問い合わせ頂いている方で失敗しているケースが多々あります。

問い詰め行為などしてしまった場合でも、まだ可能性は残っておりますのであきらめず、私たちに相談ください。今現在の状況を確認して適切なアドバイスをします。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容