離婚の相談が後を絶ちませんが、お互い話し合いで納得のいく形で離婚出来れば良いのですが、なかなかそうもいかないようです、特に今まで住んでいた住居から引っ越ししなければいけないとなるとお互い自分の都合や金銭的な部分も関係してくるのでなかなか話し合いがつかず、強硬的に離婚を進めて後で大変な目に遭う事もあります、その時はどうしても選択肢が無かったと言っても先の事を考えて行動すべきでしょう。

賃貸トラブル

賃貸のマンションやアパート、戸建てに住む以上は家主との契約が必要で、契約人が全ての責任を負う事になります、保証人を付けていた場合、保証人にも迷惑がかかる可能性があります、しかし、結婚して子供も生まれて生活をしていると、一家の住む家という認識になり、契約人がどうこうという感じは無くなるかもしれません。

収入の多い男性、夫が契約している事が多く、稀に妻が以前から住んでいた家に夫が後から入った場合や、妻の方がメインで仕事をしている様な場合は妻名義で契約していることもあります。

離婚することとなった場合、どちらが家を出て行くのか?子供がいてどちらが引き取るかなどの状況によって変わりますが、そのまま家に残る側と出て行く側、一回解約して新たにそれぞれ別々に契約するかに別れると思います、夫名義の家で妻が子供を連れて実家に帰るという場合は問題が有りませんが、子供を転向させたくないからと言って夫名義の家に妻と子供が住み、夫が出て行くとなった場合は厄介です、夫は自分が住んでいない家の家賃を払わなければ全て自分に請求が来ますし、夫が勝手に大家に解約を出せば妻と子は住んでいられなくなります、他人名義の家に住む、他人に自分名義の家に住まわせるというリスクがあるのです。

それでも話し合いで家賃の負担割合などを決めて納得して離婚した場合はまだ良いですが、夫のDVや浮気に嫌気がさし、一方的に自分名義の家から家出してしまった場合は後々苦労することが多い様です、DVや浮気をするような夫ですが離婚には応じず、家賃も積極的に払わないで居座り続けることになります、離婚調停を申し立ててもきちんとした証拠が無ければ不調に終わり、相変わらず夫は居座り続けるので、しょうがなく家賃の支払いを止めて家主から追い出されるのを待ちやっと出て行ったとしても、家の中が汚く修繕箇所が多いため何十万ものリフォーム代が請求されることもあります、相手からのDVや浮気に耐えられないと思った時は少し我慢して、証拠を押さえる事が重要です、その後家出する分には離婚が認められやすくなるので家の退去についても話が早いと思います。

このように、離婚やDV浮気問題のトラブルは無料相談センターへご相談ください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

LINEでもご相談可能です

浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての無料相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません。
https://line.me/ti/p/dVREPinr2T