カップル、夫婦、家族で利用する車、マイカーを持っている方や、今は車を持たないレンタカー人口が増えておりますが、車の中には不貞の証拠が潜んでいる可能性があります。

普段パートナーと一緒に乗っている車ですが、浮気不倫をしている場合は痕跡を消さないと必ず足跡が残ります。

相手が浮気しているかどうかチャックするポイントがいくつかありますので順番にお伝えします。

まずはカーナビ、今はついていない車はないと思います。現代においては、スマホの方が使い勝手がいいという方もいるでしょう。しかしカーナビが車に常備している場合は、よくチャックしてみましょう。浮気、不倫時に、車移動をしているかもしれません。カーナビの設定で走行した道のりや、軌跡機能もありますのでどこに行っていたかは一目瞭然です。

浮気をする人は履歴を削除すると思いますが、そこは人間ですから抜け落ちることもあります。まめにチェックしてみてはいかがでしょうか。履歴の内容と言えばもう1つ、ETCの履歴です。気付かない方もいらっしゃるのではないかと思いますが、ETC車載器、ETC履歴をみれば何年何月何日にどこでICを利用したかわかります。ETCはクレジット決済ですので、明細書を見れば不審な動きがわかるのです。ただし現金など利用されては分からなくなります。

次に車内のごみについてです。車にゴミ箱を置いている方もいるのではないでしょうか?

ゴミにも証拠になり得るものがあります。異性で対象物が分かれるのですが、浮気相手が女性だった場合、飲み物のストローに口紅がついていたり、自分とは違う髪の毛が落ちていたりと、男性の場合は自分やパートナーが飲まないような飲み物、食べ物など、普段買うものではないような物が捨ててある場合は黒に近いかもしれません。

あとは身に覚えのないレシートや施設の案内パンフレットなどあります。

シートの位置にも要注意です。自分が設定している位置や角度が変わっていたら、誰かを乗せていた可能性があります。

このように車の中にも浮気の証拠になるものや足跡が残っているケースもあります。

実際に浮気、不貞を犯した人は証拠隠滅を図りますが、どこかでボロが出る時は必ずございます。

相手の不審な行動やいつもと様子が違うなど少しでも怪しいと思ったらチェックしてみるのもいいかもしれません。

浮気御証拠が出てくるかもしれません。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容