パートナーの浮気が発覚、家庭環境にもよりますが子供もいて幸せな生活を歩んできたと思ったのに、まさかの裏切り。許せない気持ちとモヤモヤとした気持ち、喪失感に落ちることもあるでしょう。一緒に積み重ねてきた信頼や信用を裏切られ、あなたはどう行動しますか?制裁という言い方をしましたが、これは傷ついたあなたの気持ちや感情を和らげる為や離婚をする場合将来的に慰謝料を請求するために必要な事です。

まずは何が出来るかをお伝えします。

※内容証明郵便

浮気相手の住所を知っている場合、口頭で話すより文章に残し自分の意思を伝える方法です。郵便局にも記録が残りますので、相手にはプレッシャーがかかるでしょう。さらに言えば弁護士の先生の名前で送った方がさらにプレッシャーを感じると思います。

※慰謝料請求

配偶者以外と体の関係をもつことは不法行為となります。例え離婚をしなくても浮気相手には慰謝料請求が出来るのです。離婚をする、しないで慰謝料の金額の前後がありますが、経済的制裁という意味、離婚をする場合は将来的必要な費用として行うべき事でしょう

※離婚

一般的に離婚は双方の合意がないと成立しませんが、不貞行為があった場合は不倫された側が離婚を希望する場合、相手の合意がなくても可能です。離婚する場合は慰謝料も高くなるでしょう。子供がいる場合、相手は子供も失います。  補足ですが、不貞行為をした人は有責配偶者といって離婚を望んでいても出来ません。  浮気相手と再婚したいという事を考えている場合は大きいダメージでしょう。

これらはあくまで浮気の証拠がある前提の話です。

浮気の証拠がないと何も始まりません。浮気の有力な証拠は浮気相手とホテルや宿泊施設の出入りをおさえなければなりません。

自分で証拠をおさえると失敗して取り返しのつかない例を多く相談者様から聞きますので証拠をおさえたいと考えている方は一度お問い合わせください。

制裁という言葉を使っていますが、あくまで被害者のご自身が被害に遭い損害を負ったものを修復する、その分の対価として慰謝料請求や離婚という手段を行うという意味です。

ここでやってはいけない行動があります。

例え不倫、不貞、浮気の事実が明らかになっていたとしても、決して行ってはいけない事があります。それは、配偶者や浮気相手に対して不貞の事実を言いふらしたりすることです。勤め先や、最近ではSNSなどでの拡散、名誉棄損に関わる内容は控えましょう。

名誉棄損罪は最悪懲役や罰金、慰謝料請求されることもございます。

わからない事はご連絡を。

離婚後、どのようなライフプランを組み立てるのかも重要になってきますので、離婚問題に直面したらご連絡を下さい。

ご相談フォーム

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

LINEでもご相談可能です

浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての無料相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません。
https://line.me/ti/p/dVREPinr2T