浮気、不倫、不貞行為に関する相談が増えています。
その中でも、証拠が有る方と、証拠が無い方では話の方向性が全く変わってきます、また、携帯のLINEやメール画像などを見て、浮気を見つけた方で多いのが、そのまま直接配偶者へ浮気をしていたでしょうと追及してしまう事です、ここでも個人差はあります、例えば、普段の生活上の力関係で、夫が強気で妻は消極的な関係だと、夫の浮気を見つけてもとぼけられたり、逆切れされたりして無かったことにされてしまいます、またその逆で、妻が浮気をしていた場合は、強気な夫に押し切られ認めることとなり、場合によっては浮気相手も呼び出されて書面を書かされることもあると思います、逆に妻が強気で夫が消極的なケースではどうでしょうか?この場合も同じで強気でふるまっている方が有利になり、消極的な方が不利になりケースが多いと思います。

浮気が発覚して、中途半端な証拠しかなくても通常生活の配偶者との力関係によっては、相手が浮気を認め、書面に残すことによって浮気の証拠を確保できる場合もありますが、一切認めない、とぼけられた時を考えるとリスクが高いと思います。

追及して失敗した場合、その後の警戒が高まるため、本格的に浮気調査を調査会社に頼んだとしても、用意周到に浮気相手と会ったり、事前に行動を察知できない様に今までと行動パターンを変えたり、調査員が追跡しても対象者が周りを気にしていて近づくことができないので見失ったり、場合によっては依頼を受けてくれないこともあります。 せっかく高額な費用を払って浮気調査をしてもらっても、相手に浮気の事実関係の追及をした後だと証拠が掴めず何度もやり直して費用が高額になったり、全く証拠が掴めないまま終わったりと良いことはありません。

やはり、相手が浮気しているなと思ったときは、冷静になって言い訳のできない状態になってから追及するようにした方が良いです。

浮気の証拠が有る方の場合は、離婚を前提として慰謝料を請求するのか?離婚はしないで慰謝料を請求し、今後、相手が浮気をしない様にしたいのか、という選択肢がありますが、浮気の証拠を持っていない方はその選択肢が無いのです、なので、証拠を取ってからでないと配偶者の浮気を理由に離婚、慰謝料等の相談は進められませんとなってしまいます。

いずれにしても解らないことはご相談ください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容