配偶者の浮気に悩んでいる方の相談が増えています。

その中でも配偶者である夫や妻に対する慰謝料請求は勿論のこと、その浮気相手も許せない、何とか社会的制裁を加えたいと思う方も多いです。

勘違いする方もいますが、浮気や不貞は刑事事件の対象になるような犯罪ではありません、しかし、不法行為といって慰謝料などの損害賠償請求の対象になります。

では、何をした場合に慰謝料請求の対象になるかというと、不貞行為=配偶者以外の異性と肉体関係を持ったという事を証明しなければいけません。

なので、食事に行ったことや恋愛感情があることを証明できたとしても浮気をしているとは言えないのです、メールで怪しいやり取りを見つけてすぐに問いただしても逆効果になるだけです。

配偶者や浮気相手へ慰謝料請求するのは不貞行為(ホテル等への出入りの写真)を証明する必要があることが解り、調査会社に依頼する方もいると思います、そこで、何とか浮気現場の写真を押さえてもらっても次の課題が出ることもあります。

配偶者と一緒に写っている相手は誰なのだろうという事です、会社の同僚や友人知人等で名前や住所を知っていれば良いのですが、全くどこの誰だかわからない場合、浮気をした配偶者に聞くしかないのですが、良くあることで自分の罪は認めるが浮気相手の事は庇う方がいます。

こうなると浮気相手への請求は難しくなってしまいますので、そこを想定して動かないといけません、一回問い詰めてしまえばそれ以降は警戒して浮気相手の情報は取れなくなります。

なので、不貞行為の証拠を取った後も引き続き調査をする必要がありますが、接点のない相手の住所や氏名を調べるのにはかなりの労力がいるようです。

浮気相手の住所を探るには、最初の起点がどこになるかですが、何の情報も無ければ、不貞行為後、配偶者と別れた後の追跡が必要になります、そのうえでどこに帰るのかですが、そのまま家に帰らない場合、家と思われる場所に帰るまで追跡しなければならないのです。

また、オートロックのマンション等の場合、何号室に帰ったか確認するためには同じ階まで付いていかなければいけないので、エレベーターに一緒に乗って同じ階に降りるという事をしないと部屋の特定までは出来ません、しかも部屋に入るまで待たなければいかないので、やり方によってはかなり怪しい人になってしまいます。

また、部屋を特定して、表札等が出ていれば良いですが、賃貸マンションの場合表札を出していない事の方が多く、名前を特定するのにも労力がかかります、なので、調査費用が高くなるのも仕方ないのです。

浮気、不貞に対する慰謝料請求について、解らないことが有ればご相談ください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容