浮気、離婚問題の相談を受けていると、浮気相手への慰謝料請求という課題が出てきます。

浮気相手の家庭環境、仕事、収入、資産など気になることが多くありますが、浮気をした配偶者が浮気相手をかばい名前や住所すらも教えてくれないこともあります。

夫が浮気をしたケース

女性とのラインやメールが何気なく目に入り、浮気をしているのではないかと疑って、カバンやパソコンなどを確認するようになり、明らかに浮気していると思われるようなやり取りは見受けられるが確たる証拠が無く、探偵や調査会社に浮気調査を頼むことに。

費用や調査内容の説明があり契約後、夫と浮気相手のホテルへの出入りの写真は取れたが女性の名前や住所、勤務先などは解りませんでした。

弁護士に相談したところ、今の状態だと浮気相手の女性の住所や名前が解らないので慰謝料請求が出来ない、また、住所名前が解ってもその女性に収入があるのか? 支払い能力は有るのか? その女性にも家庭があって相手の夫に浮気の事が発覚した場合に今度は相手の夫からご自身の夫に慰謝料請求されてしまう可能性もあるのではないかとの指摘を受けました。

浮気相手の女性が生活保護受給者のような全く支払い能力が無い場合もあり、請求しても回収できないことも有るというのです。

さらに、調査会社には浮気相手の女性の住所や名前等を調査するのには追加費用が掛かると言われてしまいました、契約時に確かに浮気相手の女性の身元調査の話にはなりませんでしたが、初めての事でこのような展開になることも想像すらできず、契約前にこのようなことに詳しい人に相談出来れば良かったのですが、これ以上のお金はかけられないので今ある証拠で夫を問い詰めて女性の名前や住所、勤務先などを白状させることにしました。

夫へ証拠写真を提示したうえで女性の事を聞き出そうとしましたが、浮気の事実は認めたものの女性については一切答えず、逆に開き直って常識的な範囲で慰謝料は払う、離婚しても良いと言い出し、追い詰めるつもりが逆に追い詰められた感じになってしまったのです。

このままでは浮気相手の女性に何の制裁も加えられないので納得がいかないのですが、夫へ慰謝料請求して離婚してしまえば夫はその女性と自由に会えるようになり納得がいかないので、離婚はせずにじわじわと苦しめるようにと考えましたが、そのような状態でいるのは自分も苦しくなってしまうので悩ましいところです。

いずれにしても、調査会社、探偵選びや浮気相手へ追及するタイミング、方法によっては思ってもみないような結果になることもありますので、配偶者の浮気でお悩みの方は何か行動する前に一度ご相談ください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容