相談事例案件としてこんな話があります。

相談者は女性、夫の浮気は薄々感じ取っていましたが中々言い出せずにいたところ、たまたま夫の携帯電話を手に取ることがあり中身を見てみると、明らかに不倫をしている内容のやり取りを目にしてしまい、浮気の疑惑から確信へと変わっていったそうです。

夫に浮気、不貞の事を問い詰めたところ、浮気を認め反省しているとの事、しかし裏切られたことには変わりがないため、浮気相手の女性に慰謝料請求をすることに決め、電話で相手と電話をしようとしたところ、夫から、相手も結婚しているので迷惑を掛けることはしないでほしいと言われたが、ダブル不倫の事実を知った相談者様はより怒りがこみあがり、数百万円もの慰謝料請求を浮気相手に内容証明郵便で請求をしたのです。

1週間後突然、浮気相手の夫から、相談者の夫に対して不倫に対する損害賠償請求の裁判を起こされてしまいました。訴訟内容を確認すると、慰謝料請求を出したのがきっかけで浮気相手の夫は初めて妻の不倫を知り、その後離婚、精神的に苦しめられたとして請求をしてきたとの事。具体的な金額を言うと、相談者様が先に請求した金額は300万円。浮気相手の夫が請求してきた金額が300万円。相手側夫婦は離婚をしているので200万円前後は賠償金額として認められる金額。

しかし、先に請求をした側の要望は届くのかというと、たとえ訴えを起こしたとしても、離婚をしていないので精神的損害少ないと判断され、賠償金はいっても100万前後、結局のところ相手側の請求額が上回り、浮気不貞もされている立場にもかかわらず、不利益な立場へ追い込まれてしまったのです。

このようなダブル不倫の場合多くがお互い賠償もせず、痛み分けの交渉で事を済ますケースが多いようですが、ではどうすればよかったのか、浮気相手の夫に知られないような方法で浮気相手から慰謝料請求が取れる手段はなかったのか?

ここで対応策として、上記のような状況になった場合は、感情浮き出しになり、相手を問い詰めるのはやめましょう。たとえ相手を問い詰めて浮気、不貞を白状させた場合でも、浮気相手にいきなりの電話や通知は避けましょう。

冷静さを欠けてしまうと、マイナスを背負う可能性もあり、後々に後戻りできない事も多くなります。当センターではこの今の実例相談のようなパターンになった場合の対策や行動のアドバイスなど、相談者様に合わせたサポートを行います。不利益にならないようプラスになる助言をさせて頂きます。

あなたのパートナーとの出会いはいかがでしたか?もし今何か不安要素や、気になっている事、思い当たる節がある場合は当センターまでご連絡を。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

LINEでもご相談可能です

浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての無料相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません。
https://line.me/ti/p/dVREPinr2T