会員サポートで難しい問題も解決!

養育費未払い 無料相談

  • HOME »
  • 養育費未払い 無料相談

離婚当時、離婚することに精いっぱいで養育費の取り決めをしていないという方が大勢います。

また、離婚協議書や公正証書に記載していても相手から支払いが無いという場合も多いです、電話やメールで支払う様に連絡しても全く支払わなかったり、連絡すら取れないという場合もあります。

このように養育費の未払いによって、経済的に苦しんでいる家庭が多く存在します。

いまさらどうしようも無いのでは、相手に支払い能力があるかもわからない、相手がどこにいるかもわからない等諦めてはいませんか、諦める必要はありません、養育費を貰うのはお子さんの権利です、親が勝手に養育費の請求を諦めてお子さんの将来にとって悪影響を及ぼす結果になるのは間違いです。

事前に取り決めた書類が無い場合

この場合、家庭裁判所へ養育費の支払いを求める調停や審判の申立てをします。

その結果、調停調書に審判に元づいて地方裁判所へ銀行口座や給料、不動産の差押(強制執行)を行い回収します。

協議書がある場合

養育費の支払い義務者へ請求しても養育費の支払いに応じない場合、家庭裁判所へ養育費の支払いを求める審判の申立てをします。 その結果、調停調書や審判に元づいて地方裁判所へ銀行口座や給料、不動産の差押(強制執行)を行い回収します。

公正証書がある場合

公証役場で、「送達」と「執行文付与」の手続きを行ない地方裁判所へ銀行口座や給料、不動産の差押(強制執行)を行い回収します。

調停調書や審判書がある場合
調停調書や審判書に基づいて地方裁判所へ銀行口座や給料、不動産の差押(強制執行)を行い回収します。

いずれにしても、養育費の支払いに応じない場合、強制執行(差押)によって回収するしかないのですが、差し押さえる財産が無い場合や解らない場合は申立人が調べて指定する必要があります。

銀行口座の差押え
銀行名、支店名まで指定しないと差押できません、以前使っていた銀行口座を現在使っていない場合、現在どこの銀行、支店に預金が有るか解りませんので、調べる必要があります。

給料の差押え

離婚後転職していて勤務先が解らず、知り合い等に聞いても今の職場が解らない場合、調査する必要があります。

不動産の差し押え

以前購入した住宅にそのまま住んでいて不動産を所有していることが解っていても、不動産の価値に対して住宅ローン債務の方が上回っている場合、資産としての価値が無いので、資産価値のある不動産を所有しているか調べる必要があります。

養育費の支払いを拒否している相手の財産等を調べるのは困難ですが、出来る事もありますので、諦めずにご相談ください。

また、以下のような相手には養育費を請求しても回収できない、出来ても少額になる可能性があります。

基本的に財産(預金、不動産等)が無いうえで

・離婚当時は定職があり、収入も有ったがその後無職となり収入が無い

・離婚後、再婚して子供も生まれ扶養する対象が増えた

・収入が低く一般の生活費で消えてしまう

・生活保護を受給している

収入が無い人からへの養育費の請求、回収は難しくなります。

しかし、全く財産を持っていなかった相手でも相続によって多額の資産を所有する可能性があります。

養育費の減額や増額が出来る場合もあります。

元々、公正証書や協議書で決めていた養育費でも、その後、支払い義務者が失業や病気により収入が減った、収入が無くなった場合や再婚して子供が出来た場合、養育費を受け取る側が再婚して(収入のある)再婚相手が養子縁組した、大幅に収入が増えた場合などは減額できる場合もあります。

逆に支払い義務者の収入が大幅に増えた事によって養育費を上げてもらうことも可能な場合もあります。

LINEでもご相談可能です

浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません

養育費を回収

離婚した相手が養育費を払ってくれないというような話をよく聞きます。

調停で親権を争った時に女性側が子供を引き取ることが多く、ほとんどの場合男性が養育費を払うケースが多いようです、また、取り決めをしていてもしていなくても養育費を支払わない方の割合もかなり多いのが実情です。

なぜ、養育費を払わないのか?

人それぞれ事情は有るとは思いますが、子供に養育費を支払うのは親の義務です、それでも支払わない人はどのような人でしょうか?

最初から養育費を払うつもりが無い人

・離婚するにあたって自分は離婚したくなかった、離婚して子供を連れて行くなら養育費は払わないという主張

離婚理由で多い性格の不一致、毎日の様に夫婦喧嘩が絶えないが、それでも配偶者の一方は離婚したくないという事が良くあります、しかし、もう片方の配偶者は既に限界で一緒には暮らせないと一方的に家を出て行ってしまうこともあります、残された方は納得が出来ず、支払いを拒否するのです、この段階では婚姻費用の請求ですが、いずれ離婚が成立した時に慰謝料の支払いを拒否するというものです。

・仕事を失業して収入が無くなり支払いが出来ないが、かといって働く気も無い

今までは真面目に仕事をして収入もあったのに、職場の人間関係やストレスの影響で精神的に病んでしまいうつ病等になり、会社もリストラされて自暴自棄になってしまう方もいます、収入も無く配偶者から見放され離婚、投げやりになり、再就職することも考えず養育費どころではない状態です。

・配偶者が浮気をして離婚をすることになった、親権を取るつもりだったが親権を取れず、納得がいかないので養育費の支払いをしない

奥さんが浮気をしたケースで多いのが、ご主人は子供をほったらかしてこと、家庭の事を考えずに浮気をした事等が許せず離婚を決断します、子供の面倒を見ないで男と会っていたような相手なので今後も子供を放置する可能性がある、当然自分が親権を取れると思っていたものの、実際調停を重ねてみると、不貞行為と親権は別として考えられ、子供は母親と一緒の方が良いと言って不本意な結果に納得が出来ず、養育費の支払いを拒否するのです。

・子供と面会させてもらえないから養育費を払わない

離婚時に月に1回は子供と会わせてもらえる約束だったにも関わらず、何度も用事や習い事があると言って全く会わせてくれないので、養育費も払わない。

これ以外にも養育費を支払わないケースは有ると思いますが、支払いしない理由になりませんし、請求する権利があります。
相手に財産があったり、収入がある場合は離婚時に書類を取り交わしていなくても回収できる可能性が高いので諦める必要は有りません、一度ご相談ください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

 

 

 

養育費を払いたいけど払えない

・病気をしてしまい収入が減った、または無くなった

・仕事をしたくても出来ない

全く無収入で財産も無い場合は請求しても回収は難しいと思います、相手の状況が良くなるのを待ちましょう。

あえて養育費を貰わないという方もいます。

子供が小さいうちに離婚し、子供には離婚したこともいっていないため、元配偶者に会わせたくないので、慰謝料を支払わなくて良いから子供には一切会わないでほしい、会わせないと言った方もいます。

また、実家の両親が生活費を援助するので、元配偶者の援助は受けない様に言われるケースもあるようです。

家計に余裕があり、養育費の支払いを自ら拒否する分には良いと思うのですが、面会する権利と一緒にするのはどうかと思います。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

 

 

 


TEL 03-5823-4670

投稿記事

PAGETOP
Copyright © NPO法人無料相談センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.