yobigun 住宅ローン滞納予備軍とは、近い将来通常の返済ができなくなる人の事をいいます。 皆、自分も予備軍だと分かっています

しかし、それを認めると家の処分をどうするか決めなくてはならないからです。見たくない現実から逃避していますね。

いずれ来る滞納の現実を立ち止まったまま、まともに受けますか。

前もって対処の準備を整えておけば、ダメージを最小限に 抑える事は、可能なのです。

この場合の対処とは、家をどうするのかを考えて予め決めておくことです。

準備ができていれば、慌てる事はありません。予備軍と分かっていながら、ギリギリまで何もしなかった人とでは雲泥の差が ここで出るのです。

あなたと正反対の選択をした人は、競売で家を処分され行くところも無く路頭に迷う羽目になるのです。

返済猶予期間の終了で、収入が改善されない場合は猶予期間の延長をしても返済は苦しくなるだけです。

住宅ローン以外の債務問題がある人も同じです。

立ち止まって競売の波に飲み込まれてしまうのか、任意売却や個人再生で家を手 放さないで乗り切るのかは、今が決断の時なのです!

soudan_01

滞納予備軍からの脱出する方法

kabarai 方法なんて大げさなものはありませんあなた自身の為に家族の為に決断するだけです

そのために必要な専門的知識を持った相談員が サポートします。お金の心配がないので一本の電話で済むのです。

何もしないのは、放棄した事になるので何があっても自業自得です。

例えば、長年借り入れをしていた消費者金融に過払いの返還請求で戻って来たお金で住宅ローンの返済不足分に充当できたケースもあります。

自分だけで考えるよりも、私たちと協力し合って解決していきましょう。

予備軍の傾向はリストラや転職で収入減

listra相談事例で住宅ローンを支払えない理由として多いのはリストラや転職が一番です。

何らかの理由でリストラされてしまうのは予期できない場合が多く止むを得ない事です。

それでも何とか配偶者や親族の協力のもと住宅ローンを 支払い続ける事が出来る場合は良いのです。

配偶者や家族も思った様に収入が得られなくて支払いが出来なくなるケースを良く聞きます。

また、長年勤めた会社を退職しても収入的に問題無いような転職先が決まっていると思って退職しても長引く不況の影響 もあって受け入れた会社が倒産したり給料が減給になる事もあります。

住宅ローンは口座引落しになっているから大丈夫と思っていたという方もおります。

まさかそんなことありえないでしょうと 思う方がほとんどですが、実際に有るのです。

色々と忙しく郵便物も気にしないでいて急に裁判所の執行官が来て競売になってから気づく事も あるのです。

日ごろから郵便物を確認し通帳の記帳をこまめにするようにしましょう。

収入減で住宅ローンの支払いが出来ないのは解っていたが配偶者にはそんなことは言えず、債権者等からの手紙も見られない ところに隠してしまいます。

裁判所から現地調査の案内を家族が見て発覚、又は通帳の引落しがかかっていない事にきずいて発覚という事もありま す。

このケースだと夫婦2人の収入であれば毎月支払い出来ていたのに自分ひとりで何とかしようと思った事が間違いです。

支払いが厳しい時 は身内にまず相談すべきです。