自分が借りたものだから責任を持って返済する、住宅ローンが有るから破産できない、支払いをしないと会社に借金が解ってしなうのではないか、などと借金の返済にお悩みの方も多いと思います。

責任を持って返済するという思いは良い事だとは思いますが、自分の返済能力を超えている場合家族や周りの人まで巻き込んでしまう可能性があるので、無理をせずに早めの判断が必要です。

住宅ローンを抱えているので破産すれば家を失ってしまうので破産する訳にはいかずに生活費を切り詰めたりして何とか返済しているという方もいます。

また、支払いが遅れれば会社に連絡が行ってしまって、場合によっては会社を辞めなければいけなくなるのではと不安の日々を暮らしているかたもいます。

しかし、やり方によっては国が認めた手続きによって家を手放すことなく借金の減額が出来る可能性があります、破産すれば借金は0になりますが、当然、持ち家や車などの資産を失う事になってしまいますし、任意整理をしたとしても元金を圧縮することはできませんので、毎月の支払いを大幅に減らすことは難しく、結局、毎月の返済に追われることになります。

住宅ローン以外の返済が圧縮されれば毎月の支払いが楽になり、返済計画を立てることで3年間で完済できるとしたら救済される方は大勢います、住宅を残したままその他の借金を減らしてもらえるなんて、そんな都合の良い手続きが有るはずないと思われる方も多いと思いますが、実際にあるのです。

それは「個人再生」といって裁判所に申立をして、住宅ローンを除く債務を100万円又は1/5(金額によっては1/10)に圧縮してもらい3年(場合によっては5年)で返済することが可能かどうかを判断され認可されれば住宅ローンは今まで通り支払い、自宅は手放すことなく、その他の借金は圧縮してもらえるのです。

例えば、500万円の借金が有り毎月12万円の返済をしていた場合、100万円まで圧縮してもらい毎月約29,000円の支払いを3年間続けると債務が0円、完済することができます、毎月12万円を払い続けた場合、利息がかなりの割合を占めるので元金がなかなか減らず完済するには相当な年月がかかります。

しかし、個人再生を認めてもらえれば3年後には住宅ローン以外の借金が無くなるのです、先が見えない返済を続けていくよりも、完済を目標として手続きを進めた方がよっぽど良いのですが、同じ状況の方でも裁判所の手続きというだけで難しく考えてしまいずるずると支払いを続けることになってしまいます。

国が、裁判所が認める手続きなので確かに簡単な手続きでは有りませんので、個人の方がご自身で申立てするのは困難だと思います、なのでほとんどの方が弁護士の先生に委任します、弁護士の先生に支持された書類を用意したりと指示されたことを守っていれば問題無いのであまり難しく考えることも無いと思います。

弁護士となると高額な費用が掛かるのではと敬遠する方もいるとは思います、確かにある程度の費用が掛かりますが、個人再生の申立て期間中の6ヶ月~8ヶ月位は支払いをストップ(支払いをしてはいけなくなる)するので、その間に裁判所の指示で積立するお金があり最後は戻ってくるので、そのお金で費用を賄うことも可能です。

状況によって変わりますが、デメリットになる部分もありますので、住宅ローンを抱え、その他の債務の返済にお困りの方は一度ご相談ください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容