会員サポートで難しい問題も解決!

詐欺被害者を返金と回収で救済する

  • HOME »
  • 詐欺被害者を返金と回収で救済する

詐欺被害

詐欺被害者の会員サポート

詐欺被害に遭ってしまい、警察に相談するも「民事」だから介入できないと言われた方は多いと思います。

皆さんに共通することは、どうすれば被害の回復ができるのかだと思います。

回収をしたい場合は、どのようにするのがベストなのでしょう。
入会

入会の流れ

会員サポート

出費最小限

名前は分からない、メールアドレスのみ、所在地不明等と言った場合は、ご自身での返還請求は厳しいです。

詐欺被害者会員登録フォーム

会員申込

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

被害手口   

入会金お支払い予定日 例)1月10日→1.10 

会員規約     会員規約を確認
[recaptcha]

 

相手と連絡が取れているうちに対処する事が重要です。

連絡が途絶えると相手の動きが全く分からなくなってしまいますので、回収の確率を下げない為に早急に対処しましょう!

あなたが詐欺被害に遭った手口は?

アダルトサイト未払い請求

未払い請求メールで会員サイトの未払い金の請求が届き、裁判所に請求の申し立てをしている。

取下げの手続に弁護士費用が掛かるという内容。

このまま放置していいのか、支払わなければならないのか分からない。

対策
身に覚えの無い契約ならば、「無視」すること。

利用したことは無いが心配になり、相手方に連絡して自分の個人情報を教えてしまった場合でも無視することが望ましいが、どうしても無視できず、心配で費用を掛けてでも解決したい方はコチラに相談して下さい。

ワンクリック請求画面

ワンクリック請求サイト閲覧中に公告等のURLをクリックしたら支払い請求の画面が前面に表示されいる状態。

別のページに行っても変わらず画面最前列に表示される。

何をしても請求画面が消えず困っている。

対策
スマホの場合、キャリアに関係なく「再起動」で請求画面は消える。

PCの場合は、特定のファイルの削除が必要でやっかいなケースがある。専門知識がないと必要なファイルを削除してしまい、PC事態が使えなくなってしまう事もあるので注意が必要。

相手方に連絡して自分の個人情報を教えてしまった場合でも以降の対策は「無視」することが望ましいが、どうしても無視できず、心配で費用を掛けてでも解決したい方はコチラに相談して下さい。

副業教材詐欺

副業詐欺副業サイトに申し込んだら、半ば強制的に教育商材購入(仕事をするには購入は必須条件)させられる。

「直に元(教材代金)は取れる」と言っていたのに仕事が全く無い。

又は全く中身のない商材なので返金を希望したら、のらりくらりで返金に応じてくれず困っている。

対策
法的に返還請求をしなければ戻る確率は低い。こうしたケースは、日が経つにつれ連絡は途絶えてしまう。1日も早く対策を講じなければ返金は絶望的になる。

どうしても納得できず、本格的に返還を希望するなら相手の特定をして法的に請求しなければならない。

その場合、調査依頼をして相手方を調べる必要があるので費用がかかる。そこまでお考えの方はコチラに相談して下さい。

買取目的融資詐欺

タブレット買取サイトから融資の申し込みをしたら、はじめての取引なので直ぐに融資はできない。

でも、「スマホやタブレット端末を購入し指定場所に郵送すれば高値で買い取る又は融資をする」と言われまだ購入していない方は無視しましょう。

 

対策
タブレット端末を購入してしまったがまだ、送っていない方は、送ってはダメです。端末の支払い義務はあなたですので債務を負うことになります。

端末を送ってしまった方は、買取金が支払らわれる事や融資を受けられる事はほぼ絶望的です。日が経つにつれ連絡が取りにくくなり、音信不通になります。

また、時間を稼ぐために「商品の確認が取れない」や「あと○台買って送ってくれれば、まとめて支払う」などと言って同じ相手から2度騙すケースもある。

どうしても諦めきれず、費用を掛けても返還や返金を希望する方はコチラに相談して下さい。

出会い系ポイント購入詐欺

出会い系ポイント購入フェイスブック等から出会い系の勧誘メールが届き無料で利用できるからと気軽に入会。

仲良くなった相手と連絡を取るのにポイント購入をさせられ数十万円の支払いをしてしまった。

対策
高い授業料だと思って諦める選択が望ましい。

しかし、場合によっては回収できる事があるので、費用を掛けても・・・と思っている方はコチラに相談して下さい。

投資詐欺

投資詐欺元本保証を謳い高配当を約束する投資話にのって数百万円投資した。

しかし、配当支払い期日が過ぎても配当は支払われず、投資先に問い合わせても担当者不在で対応しないので困っている。

対策
この場合、返金の対応をするように思わせ、時間を稼いでいる。被害者側が警察等に訴えると言いだすと連絡は取れなくなるケースが多い。

相手方と連絡が取れているうちに調査する必要がある。早い段階で相手の詳細が分かれば、返金率は高いと思われる。

相手方と連絡が取れなくなってしまったら、返金率は極めて低くなるので、まだ相手方と連絡が取れている方で費用をかけても返金を希望する場合はコチラに相談して下さい。

※上記は当センターの相談事例に基づくに傾向と対策ですので、最終的な対応はご自身の判断でお願い致します

詐欺被害の被害金の回収

相談で早期解決詐欺による被害金の返金の回収は大変難しいと言われています。

しかし、当センターでは数々の詐欺事件で返金や回収のサポートをしています。

それは、過去の解決案件の豊富なデータや経験から様々な詐欺事件に最適な法律家や調査会社を知っているからです。

この手の詐欺事件なら○○探偵事務所もしくは、○○法律事務所といった具合に解決の為に無駄を省き最短で解決のプロをご紹介します。

解決は返金のプロが完全サポート

当センターでは、毎日10件以上の様々な詐欺被害の相談を受けています

相談員レベルで解決できない案件は、相談者の希望により相談内容に適した法律家や調査会社を探するお手伝いも致します。

私共から手が離れても解決までお付き合いしますのでご安心ください。

依頼先ってどんなところ?

依頼先に関しては、特定の所はありません。

相談内容も千差万別ですので、対応できる法律家や調査会社を探したりするお手伝いをしております。

私どもは、数多くの案件に携わってきた実績と相談者様から感謝の言葉を頂く信頼で一人でも多くの詐欺被害者の方を被害金の返金により救済したいと思っています。

騙されないと思っていても詐欺被害に遭う!

騙される多くの人が自分は詐欺被害者になんかならない!

絶対に騙されたりしない挙句「騙される奴は馬鹿なんだ!」…と言っている人が詐欺被害者になるのです。

しかし、詐欺師からすれば、こういった人は格好のターゲットになのです。

騙されないと思ってる人と騙されないようにと思っている人では大きく違います。

前者は、隙があり、後者には用心深さがあります。
あなたは大丈夫ですか?
1. 見栄を張る
2. 頑固者
3. 弱いところを見せない
4. いつも上から目線
5. 自慢話が多い

上記に当てはまる数が3つ以上ある人は詐欺の被害に遭う可能性が高いです。日頃から注意して行きましょう。

もし騙されて詐欺被害に遭ってしまったら

どんなに注意していても警戒しても「騙されてしまったら」どうしたらいいのでしょう。

警察に届ける?法律家に相談する?調査会社に返金調査の依頼する?どれも間違ってはいません。

しかし、詐欺被害の内容によっては遠回りになってしまうことがあるのです。

時間が経ってしまうと相手に逃げれれてしまうかも知れません。

時間をかけてじっくり構えていては、解決が見えなくなります。

目的は、騙し取られたものを取り返す、又は、相手を特定して罪を償わせる。この2点です。

ならば、解決まで最速で辿りつけるお手伝いをさせていただきます。

NPO法人相談センターを利用するメリット

詐欺被害に遭ってお金をだまし取られた後で、返金をしてもらいたくても、どうしていいのか分からず、相談先でお金を請求(弁護士や調査会社の正当な請求)されると警戒・躊躇してしまいますよね。

「又騙されるんじゃないか」「もう二次被害に遭いたくない」と思いがちです。

そう考えると解決に向けての一歩が、出遅れてしまいます。

NPO法人の相談センターなら会員登録をして頂ければ、直ぐにご相談いただけます。詐欺被害は時間との勝負です。

返金解決のためには時間を無駄にしてはいけません。いつでも返金相談を受け付けていますのでお気軽にお問い合せ下さい。

詐欺被害専用相談フォーム

相談者の方が未成年の場合、保護者の同意が必要です。相談フォームは保護者の方が記入して下さい。

このフォームは会員登録ではありません。会員登録フォームはコチラ


詐欺被害掲示板


詐欺被害の犯罪は

警察庁   警視庁   国民生活センター

当法人の認証情報の確認

① まずは認証確認をクリック
② 左メニュー法人情報を探すへ
③ 条件を指定して検索.一番上の認証法人情報へ
④ 法人名称の検索窓に無料相談センターと入力
⑤ 法人・団体情報詳細で確認できます

特定調停

特定調停の意味合いは債務を0にするのではありません。特定調停を用いる事により約半額以下になったりする人もいるんです。

その減らしてもらった金額を最長の期間で5年間で完済する約束をするのが特定調停です。

個人民事再生

民事再生とは借金を大幅に減額して減額後の借金を全部返済することができれば借金は減額前の借金が全部免除されるというものです。

注意ですが住宅ローンだけは減額の対象になりません。

投稿記事

PAGETOP
© 2010 NPO法人無料相談センター