スマホ・タブレット買取詐欺

携帯電話は今ものすごい進化を遂げている。少し前まで折りたたみ携帯(ガラケー)が定番の携帯電話でしたが、今はスマートフォン、タブレット、iPhoneが主流となり持っていない人はいないレベルまで達していると言えます。  このスマホ、タブレットを中古で販売しているのを街頭やネットでよく見かける事が多いはずです。  高額買取、新機種は○○万円で買い取ります、など表現は様々ですが、この中古でスマホやタブレット、iPhoneを売ってる業者の中には詐欺業者も存在します。  街中で通常営業してる業者は絶対に安心と思ったら大間違いです。  表向きは普通の中古屋に見せかけて、裏では詐欺グループと繋がり、携帯を不正に受取りしているケースもございます。  以前も融資詐欺で簡単な説明をしましたが、詐欺グループが融資の名目でお客となる人に対して審査名目で携帯の契約をさせられ、契約した携帯電話はスマホ買取業者に送らせて、希望融資金額に全く満たないお金を渡し、音信不通になるというのです。  中には全くお金も払わず、連絡が取れなくなる事もあるそうです。  詐欺被害に遭った被害者は警察に行っても相手にしてもらえず、泣き寝入りする、何も出来ない状態になっているのが現実です。  中には当センターに連絡相談をする方もいますが、無料相談センターに連絡する数が多い事を見ると、泣き寝入りしている人も数多く存在するでしょう。今回はこのスマホ買取詐欺業者、詐欺師についてです。

スマホ買取詐欺の実態とは?

果たしてスマホ買取詐欺の実態とは?まず携帯電話を売るという考えを持たないとこのような案件は全く関わりが無いと思いますが、ではなぜ売るのか?買い取ってもらうか?です。  詐欺被害で多く相談受ける内容としてはお金を借りたくて関わってしまう件です。  先程も説明しましたので、部分部分端折りますが融資を受ける為に、携帯の契約をさせられる、買った携帯は新品なので中古ショップで高く売れる、売ったお金で現金が入ると言う簡単と言えば簡単な流れですが、これに詐欺業者が絡むので複雑な内容になります。  大半がスマホ買取業者とグルの可能性もあり、買取査定は新品なのにもかかわらず低い金額になったり、店舗へ郵送してもらう流れになったとしても、何故かヤマト運輸や、郵便関係のセンター留、局留めなど店舗に直接送らせない手法を使う詐欺業者も存在するそうです。  無店舗でやっている詐欺師もいるようなのでセンター留などの話が出た場合は要注意である。  結局送ったは良いがお金も何も残らず、携帯の支払いローンだけが残ってしまい被害者の負担がかさむだけの結果となってしまうのだ。今話してきた融資関係でのスマホ買取詐欺の例だけではない。

ネット広告やホームページでの『高額買取!』などは信じていいのか?

ネットでは店舗を構えていない業者も数多く存在する、先程の融資関係で詐欺を行う業者やグループもいますが、直接スマホ買取業者が不正な事を行っている報告もよく聞きます。  ホームページ上では携帯対象機種の買取金額がハッキリ書かれており、実際にその対象機種を査定に出すと、ものすごい低い金額での査定となってしまうのだ、ここまでなら返送して下さいと言い、返送してれればいいものを、返送も応じない、お金は低い金額を払い、そのまま音信不通になるパターンも存在する。  店舗がない運営のやり方でもある。  店舗の話ですが、ホームページ上では住所が明記しているのに実際には存在しない事もあるので要注意です。  中古販売するにも国の許可が必要になりますのでお店の実態など確認してから出ないと詐欺被害にあう確率が高まります。(許可を得てても悪徳業者は存在します。くれぐれもご注意を)

実際に詐欺被害や、お金を騙し取られた、携帯電話を取られてしまった場合はどうしたらいいのか?

まずは冷静に今まで起こった事を思い出しましょう、何がキッカケで騙されてしまったのか、業者の連絡先やホームページの情報、担当者の名前、取扱い店舗があるのかないのか、郵送でものを送ってしまった場合は、配達の控えはあるのか、これらの内容と、今の状況を私達に相談して下さい。

スマホ買取詐欺の実態を判明して、相談者様が目指す目的の為サポート致します。