会員サポートで難しい問題も解決!
詐欺・競売・任売・相続・浮気離婚の相談解決

相続問題

遺産分割、勘違いや口約束

日々、相続の相談が多くありますが、遺産分割協議前、協議中ならあらゆる対応が出来るのですが、遺産分割協議書にサインした後に相談に来られる方もいます、その場合、知らなかったや勘違い、口頭の約束は無視され、遺産分割協議書に書か …

相続で家を失う

両親が亡くなったり、兄弟、叔父、叔母(結婚したことも無く、子供もいない、相続人がいない)が亡くなり相続が発生した時に遺言書が有るか無いかで相続の手続きや権利関係がかなり変わります。 父が亡くなり、父の両親もすでに亡くなっ …

遺留分減殺請求と特別受益

遺言書に自分の名前が書かれていなくても、遺留分減殺請求という権利があり、場合によっては相続財産を受け取れることがあります。 誰でもというわけではありません、まずは亡くなった方(被相続人)から見て、自分が相続人に当たるかど …

相続人代表者指定届けで相続に気付く

役所からの案内で相続に気づく 静岡県のAさん42歳男性 Aさんの両親はずいぶん昔に離婚し、弟BさんとAさんは父方に引き取られました、その後、お母さんは再婚し子供(Cさん)も一人いるそうでしたが詳しくは知りませんでした。 …

相続と介護

親の介護をしている方が増えています ここ数年、相続の問題という事で話を聞くと、親の介護や高齢者施設、成年後見人制度等が関連する相談が増えています。  人口比率的に資産を持っている親世代が介護を必要としたり、認知症のような …

相続の方法によっては財産分与に影響も

相続財産の残し方によっては、相続した財産ではないような評価を受けることもあります。 相続人のことを思ってやったことで裏目になることもあります。 相続財産を財産分与 立川市のAさん56歳男性の場合 Aさんは30年ほど前に結 …

高齢化社会の相続を考える

高齢者は国民の1/3 現代は高齢化社会で国民全体の3人に1人が65歳以上です。 高齢者が多いということは、相続が発生する可能性が多くなるということですし、少子高齢化社会ということもあって、子供のいない被相続人が亡くなり、 …

相続トラブル-2

1.遺言と遺留分 相続の際、公正証書や本人が書いたと思われる遺言があればその内容が優先されます。 そうなると本来相続人であった人が全く財産を相続出来ないかと言うとそうでもありません。残された家族への最低限の財産を 保証す …

相続問題-1

相続問題ケース1 親子間の不動産に関する権利関係 今回の件は相続と言うよりは、親子間の不動産に関する権利関係と親が亡くなった時の相続に関する事です。 私と夫(宏)が結婚する際、夫の父(宏行)の土地に家を建てることになり、 …

相続問題-2

相続問題ケース1 月々の援助は相続分から相殺される? 私は独身で今年52歳になるのですが、半年前に父が亡くなり相続が開始になりました。 父と母は私が小学4年の時に離婚し私は母に引き取られました、父は会社の経営者でいくらか …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © NPO法人無料相談センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.