同棲している相手にお金を貸して持ち逃げされてしまったという相談が増えています。

きっかけはSNSで知り合い交際を始め、付き合いを重ねる中で相手を信用し、少しずつお金を貸してほしいと切り出され、そのうちだんだん金額も大きくなり、最終的には返済もせず、逃げられてしまったという相談案件が増えております。

出会いを求めている人の弱みに付け込み、お金をだまし取るだけのために交際を迫ってくる、詐欺師が増えているようです。

お金を目的として近づいて来ているので、詐欺師はお金をどれだけ持っているのか確認してきます。貯金や住まい、クレジットカードを持っているか、仕事内容など聞かれた覚えはございませんか?彼氏、彼女の立場をいいことに、いろいろ聞き出し、利用される事がございます。家族構成なども聞き、周りの友人知人関係なども細かく聞いてきます。なぜそのようなことをするのか、友人関係で騙されてると助言する人はいないか、知人で士業や法律に詳しい人はいないかを確認して、騙しやすい人をふるいにかけてかけることをします。

上京した人や、地元から離れている人は特に狙われやすいといえるでしょう。

単身の人は要注意です。

主にTwitter、Facebook、mixi、Instagram、オンラインゲームなど最近ではスマホ1つで知らない赤の他人と交流が出来きてしまう時代です。

交際相手によっても異なるとは思いますが、SNS上で何の接点もない人との付き合いは慎重に行わないと、取り返しのつかないことになります。

ツイッターのDM、フェイスブックのDM、手当たりしだいDMを送っている人の見分け方や、詐欺師の癖などわからない事は多くあると思います。

すでに騙されてしまっているかもしれない、お金を貸したのに返してくれない、勝手に銀行のカードやクレジットカードを使われてしまったなど、最後には音信不通で行方が分からなくなるという結果になることもございます。

ではどのような対処法が必要なのか、加害者の情報はどれくらい知っていますか?

連絡先電話番号、メールアドレス、ライン、住所、勤め先、身分証明書(免許証や保険証)、よく立ち入る施設、習い事、趣味、などなど。

相手から返金など求める場合、請求をする住所を特定しなければなりません。

相談者様の多くは住所を知らない方や中には本名を知らない方もいらっしゃいました。

逆に免許証のコピーを取って相手の身元が判明していると安心していても、急にいなくなり免許証の住所からも何の手がかりもつかめないこともあります。

借用書も書かないでお金を貸していることもあり、ライン等のメッセージで幾らか返済するという程度の話しだと幾らかしているのかも解りません。

特定にあたり、必要な助言やアドバイスを当センターでは行っておりますので、詳しい内容をお聞かせください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

LINEでもご相談可能です

浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての無料相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません。