新型コロナウイルスの影響で詐欺被害が急増、予測はされていたとはいえ、被害は日々増えております。

当無料相談センターにも数々の相談が入ってきており、問題解決を図るため、対応しております。ではどのような詐欺被害が増えているのかお伝えします。

該当して、どうすればいいかわからない方はご連絡を下さい。

まずは現金支給詐欺についてです。コロナ対策室やその他コロナウイルスに関する事業者、金融機関、行政のふりをし、助成金を配る、支給するなどの電話、手紙などで通知が来る。現実的な話をしてくるようで、現金10万円の事も言ってくるそうです。

受取るにはキャッシュカードの暗証番号、銀行口座番号など個人情報を聞き出してくるとの事です。事業者団体や、金融機関、警察などが暗証番号を聞いてくる、キャッシュカードや通帳を送るように指示をすることは一切ございません。直接訪問をしに来るケースもあるので気を付けましょう。万が一対応してしまった場合はすぐお問い合わせください。

飲食業界を狙う詐欺も増えております、同じように情報を聞き出すこともあるようですが、現在飲食店は自粛化が進んでおり、店を閉めているところが多いのです。この影響でお店がつぶれるところもあり、そんな弱みに付けこみ、お金が入る儲け話や、助成金の話を持ち掛けるのです。

儲け話の延長ですが、投資詐欺、副業詐欺もコロナウイルスに便乗して広告をうたっているサイトも存在します。仕事をしたくても、解雇された、出勤日数が減り収入がなくなるような人をターゲットとしてあらゆる手段で騙そうとします。

副業詐欺や投資詐欺は今に始まったことではございませんが、コロナウイルスのキーワードを含めるサイトには用心しましょう。

マスク不足も今社会的問題になっており、送り付け金額を払うよう強要することも起こっております。あらゆるコロナウイルスに関する詐欺被害の相談を受けております。詐欺被害は早期解決が必須です。