まず競売とは債権者が債権回収を図るために設けられた法律で、裁判所に申し立てて担保になっている不動産や裁判等で確定した債権等の回収のため不動産を差押え、オークションで売却させてお金を回収する事です。

競売が開始されると、裁判所は不動産を買いたい希望者を募集します。

人数が多い場合、一番金額が高い入札者へ売る形になります。

では競売になってしまった方はいつまで住めるのでしょうか。

自宅が競売にかけられ、買い手が見つかり落札、その後代金を支払ってから2カ月とされております。 早い場合は1カ月半になることもございます。

だからと言ってぎりぎりまで居座る方はいませんので強制執行などを受ける前に退去をするのが一般的です。もし居続けたらどうなるかご存じでしょうか?

買受人が競売物件の代金を払い終わり、所有権が移転した後、元所有者は不法占拠に当たります。強制執行になると家具や荷物はすべて出されてしまい、鍵も交換されてしまいます。立ち退き費用は買受人の現所有者が負担してもその後、元所有者に請求がくることもありますので負担が増えることになります。

競売になっているという事は経済的にも負担がかかっている状態でしたので、退去費用もかさんでしまうと、より今後の生活に支障が出るでしょう。

また、一般的な売却価格より安い金額で売られてしまう、これが一番のデミリットです。 そして売却代金は全て債務の返済にあてられます。

競売は債権者の債権回収が優先されます。

そして競売になってしまった物件は一般公開されてしまいますので、知り合いや身内、親族にまで知れ渡ってしまう可能性がございますので、債務者にプライバシーはないと言っても過言ではございません。

このようにデメリットだらけの競売ですが、回避方法はいくつかございます。

条件に該当しない場合もございますが、まずは催告書が届く、差押え通知、競売開始決定通知などが届いたら対策を練る必要があります。

任意売却や個人再生、リースバックといった選択肢がございます。

不動産業者が多く案内するのは任意売却やリースバックです。

決して批判をするわけではございませんが、業者側は利益を求めて競売になった方、なりそうな方にその案内をします。悪い不動産会社にあたると、不利益しかございません。

よく相談に来られる方は、急に不動産会社が訪問してきて任意売却を押し売りしてくる、しつこい、近所迷惑など、よくない不動産会社は周りの事を考えず行動しますのでご注意を、知識がない事をいい事に、嘘で騙す業者もいます。違和感を感じたらすぐに当センターまで!

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

LINEでもご相談可能です

浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての無料相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません。
https://line.me/ti/p/dVREPinr2T