債権債務問題の相談を受けていて最近気づいたことが有ります、個人間の借り入れは別として、債権者が貸金業者や債権回収会社等の場合、裁判で訴訟が確定しても請求書面は送られて来ても強烈な取り立て等何の動きも無い時が有ります、債務者の本人は最初は気にしていたものの放置しても何も無いのでこのまま何も無く過ごせると安易に考え約5年が経過した時に給料や不動産の差し押さえ、強制執行になることが有ります、債権者は判決が出た当時は回収が難しかった相手でも数年の間に定職が決まったり、相続によって不動産を所有することも有るので時効ギリギリまで様子を見て、時効手前で確定債権の回収に動くのです。

他にも遅延損害金を膨らませてから回収したのではないかと思う様な事例もあります。

Aさんは埼玉にマンションを購入し住宅ローンを払っていましたが、勤務先が変わることから埼玉のマンションを売却する約束で融資をお願いし、千葉県に別のマンションを購入しました、一時埼玉と千葉のマンションのローンの二重払いになり早く埼玉のマンションを売ろうと思ったのですがなかなか買い手が付かず支払いが遅れるようになり最終的には埼玉のマンションが競売にかけられてしまいました、競売にかかったので残った住宅ローンは無くなったものだと思い込んでいましたが、実際は違ったようです。 売却価格を引いても500万円の残債が残り、債権者Bは、Aさんに対して残債に対する請求や支払い予定に関する問い合わせの書面を送っていたそうでしたが、全く見ないで捨てていたそうなのです。 そのうち全く何も無かったように生活をしていたのですが、競売から5年を経とうとしたある日、債権者Bが裁判所に訴訟を起こしたのです、Aさんは今更と思い無視していましたが、当然裁判に出廷しないので原告の訴えが認められ、500万円と遅延損害金約400万円の合計約900万円請求を認める判決が出ていました。
その様な郵送物にもまともに目を通すことなく普通に生活していたところある日、裁判所から強制競売開始決定通知書が届き、今住んでいるマンションの競売が開始されたことを知りました。

せっかく住宅ローンの支払いも終わったばかりのところに、一括で約900万円を払わないと売って清算しろという事なのです、とても一括で払える金額でもなく結局任意で売却して清算することになってしまいました。

債権が確定した時に分割払いの申し入れをしていればこのような事にはならなかったもですが、競売によって債務のすべてが無くなるわけでは無いので、残債についてきちんと清算する必要が有ります、このように債務、借金問題でお困りの方は無料相談センターへ一度ご相談ください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

LINEでもご相談可能です

浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての無料相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません。
https://line.me/ti/p/dVREPinr2T