詐欺被害にあったかも?クレジット決済の支払い停止

クレジットカードは買い物をする時とても便利なものです。ネットショッピングでの決済や、現金を持ち歩かなくてもカードで決済できる代物です。なにより銀行振込みでの手数料などの節約や、カードの種類にもよりますがマイルやポイントが溜まるものもあります。支払い法方も1回払い、分割払い、リボ払いと状況に合せて使えるのがメリットです。ではデミリットは何か、一番の問題はクレジットカードの使い過ぎ、金銭感覚がマヒしてしまい、支払いが困難になることです。通常の使い方をしていれば問題にはなりませんが、もう1つデミリットがあります。決済した商品に問題がある場合です。特に最近では内容が無いものに対して不可価値を付け、誇大広告をし商品を売る手法や、中身の無い物に対して価値を付けるように見せかけ、騙して商品を売る問題などが発生しております。このような問題にぶつかった時、一般的な利用者はどうしていいか分からない方が多いはずです。中には泣き寝入りする方もいるでしょう。詐欺被害などでクレジット決済をして騙されるケースは知識が無い人をターゲットにして、あらゆる方法を使ってお金などを騙し取ります。詐欺被害でクレジット決済をしてしまったら救済方法はあります。まずは状況を整理しましょう。支払い停止、キャンセルが出来るかもしれません。

何の目的でクレジット決済をしたのか

あの商品が欲しい、当たり前の事ですが、目的があって買い物をし、クレジットカードを利用するわけですが、元々の商品が明確であれば問題ないのですが、クレジットカード利用後、自分が思っていたのと全く違う商品が届く、売り手が言っていた内容と全然違う物だった。単純な物体的な商品であれば見分けが付きますが、詐欺被害などでクレジット決済をした場合、商品と言う物が曖昧なケースが多いのです。何故なら商品が情報商材やノウハウと言った物体的なものではないからなのです。必ず儲かる情報商材、楽して儲ける副業の案内、不動産やその他の詐欺に関わる投資話、結局自分は何の目的でクレジットカードを利用したのか、中身が分からないまま利用している方も多いはずです。もし騙されたかもしれない、詐欺なのかもしれないと思ったら何の名目でカードを使ったのかを思い出して下さい。内容によってはクレジットカードの決済を止められるかもしれません。

具体的な詐欺の手口はどんなものなのか?

詐欺被害で多いのは情報商材、嘘の投資案件、不動産投資の詐欺によるもの、ネットビジネスを勧めるノウハウなどです。細かい詐欺案件はまだ沢山ありますが、代表的な案件は今あげた内容になります。これらの案件は主にネットで活動しているのが大半で、誇大広告で興味関心を引き付け、お金を騙し取る。価値が無いものに対して嘘を並べ騙す、不正契約による不動産投資話でカード決済をさせ騙す。金持ちアピールをして同じようになりたかったらこの商品を買えと言い騙す、など方法は様々であり、とても巧妙なやり口で詐欺行為をしています。このような詐欺被害にあってしまった場合は、早い段階で動かないと泣き寝入りする事もございます。早めにご連絡を。

 

何から始めればいいのか?

詐欺被害に遭ってクレジット決済をした場合頭が混乱してどうしたらいいか分からない方の為に、まず何から始めればいいのかお伝えします。

【・業者名や相手の名前・相手の住所、会社所在地 ・ホームページなどのURL ・相手との約束内容 (日付や何かしらの支払い約束日など細かく) ・クレジット決済した金額 ・クレジット会社分割かどうか、分割の場合いくらか ・クレジット会社に既にに支払った合計金額 ・クレジット決済した日付と支払を開始日 ・書類の取交しの有無】

これらはしっかりと把握しておきましょう。分からない事はご連絡下さい。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容