今までにない高齢化社会に伴い、社会保障だけでなくご自身の家族関係にも大きな問題が起こっております。

色々なケースが有りますが、高齢になった父や母の面倒を誰が観るのかというところで兄弟の確執が生まれてしまいます。

特に、二世帯などで同居している両親がいる場合、いやでも同居している子供夫婦が面倒をみることになることが多いと思います、しかし、同居していない子供から見れば親のお金で生活費を賄っているのではないか?家や車の購入資金も親が負担しているのではないかと疑われることもあります。

お互いの立場がそれぞれ違うので、自分の立場からの目線でしかものを考えられなくなりがちですが、第三者がみてあまりにも理不尽なことも見受けられます。

例えば、Aさんは家の近所に住んでいる高齢の父の通院や食材の買い出しなど、車で毎週3~4回連れて行っていますが、そのたびにかかる費用はAさんが負担しているのです、それというのも、その父は年金収入も無く、持ち家なので生活保護も受けられないのです、毎回仕方なく食材や病院代を出し、車で送り迎えをしているのです。

しかし、Aさんには兄が居て、遠方に住んでいるために父の面倒が観れないのは解るのですが、金銭的な負担も全くしないのです、そんな生活が3年続き、闘病の末父が亡くなり、それまでにAさんが費やした金額は800万円ほどになっていました。

そこで、亡くなったお父さんの家を売却してその中から800万円を回収するつもりでいました、しかし、相続の手続きが始まった途端、兄が相続財産の二分の一の権利を主張してきたのです、Aさんが使った800万円の話をしても、その証拠を出せと最後は弁護士を付けてきました、Aさんも弁護士を依頼したのですが、結局800万円を父に使った証拠が無いので相続財産を二分の一にするしか無いと言われ、結局時間とお金を使ったAさんと何もしなかった兄は同じ金額を相続したのです、このようなことにならないように事前に準備をするべきだと思います。

特に今現在、ご両親の介護や面倒を観ている方は、ご自身に兄弟、姉妹がいるのであれば今のうちに話し合いをしておく必要が有るでしょう、話し合いがつかない場合や何を言ってもそっちで勝手にやってくれなどの無関心の場合も後になって問題が起こる可能性が高いので、そのような場合は、粛々と出来る事は準備すべきです、どの様にしたら良いか解らない方も多いと思いますので、一度ご相談いただければ、状況にあった対策を一緒に考え提案させていただきます。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

LINEでもご相談可能です

浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての無料相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません。