毎日、離婚に関する相談が絶えません、その中でも浮気、不貞行為、不倫などの男女間トラブルや養育費、婚姻費用分担金、財産分与など法的に答えが出やすいものから、親権やモラハラ、家計の問題、義理の親兄弟との確執などお悩み相談的なものまで様々です、当センターではお悩み相談的な問題は相談者の気持ちや行動次第で解決できることが多いので、アドバイスのしようが有りません。

しかし、法的に解決できる部分でも証拠が無いと認められない事が多い事や何も知らないで相手の都合に合わせてしまい、後になって後悔することも多いのが現実です。

今回は、何年も別居していた相手が急に離婚したいと言ってきたケースです、しかも数週間で回答するようにと無理難題を押し付けてくるのです。

浦安市に住むAさん(女性)は、4年前に夫と別居することになり、その後、息子2人と一緒に生活をしていました、別居している夫からは月に数万円の生活費を貰うだけでギリギリの生活をしていましたが、離婚についての話は一切行ってきませんでした、しかし、先日急にメールで離婚したいと言い出したのです、4年間何の音さたも無かったのに急にどうかしたのかと思い色々調べると別居期間が長くなると夫婦関係が破綻していると裁判所が判断する可能性があり、それを待っていたのかもしれないと思いましたが、別居当時受けたDVやモラハラが原因で通院したことや精神的に受けたストレスを考えると簡単には離婚に応じる気にはなれませんでしたので、離婚に応じるのであれば少なからず300万円の慰謝料を支払って貰わないと納得できないと伝えました。

そうこうしていると、次々と要望を送ってくるようになりました、300万円の慰謝料は払えないが50万円なら支払う、明日、離婚届けと50万円を持って行くから離婚届けにサインしてほしいという内容でした、知人に相談したところ、なんでそんな急に離婚届けにサインさせようとしているのか?おかしいのではないか?他に何か急がなければいけない理由があるのではないか?という話を聞き、法律家等にも相談したところ、浮気でもしているかもしれないから夫の身辺調査をした方が良いと言われ、調査会社へ夫の浮気調査を依頼しました。

2週間後調査の報告が来て驚きました、なんと夫は女性と一緒に暮らしており女性は妊娠している様子との公告でした、浮気相手と同棲するようになり妊娠して浮気相手から妻と離婚するように急かされているのではないでしょうかとのレポートでした。

そこで、弁護士の先生にお願いして浮気の証拠を元に夫と浮気相手の女性へ不貞行為に対する慰謝料請求をお願いしたところ、すんなり300万円の支払いに応じてきました。

Aさんとしても4年も別居していたので未練はないのですが、別居当初の悔しい思いを晴らせることができて良かったようです。

この浮気の事実を知らないで離婚に応じて、その後、浮気や妊娠の事実を知っていたらどれだけ後悔したでしょうか、なにごとも焦らずにじっくり状況を観察しながら対処すべきだと思います。

このような、急な離婚の請求でお悩みの方は一度ご相談ください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

 

 

 

LINEでもご相談可能です

浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての無料相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません。