自分で出来る範囲で浮気調査をしたいという人は多いです。

しかし、誰でも簡単に出来るものではありませんし、条件や機材が揃ったうえで何とか証拠が掴めれば良いのですが、浮気をしていることを証拠として提出できるまでのものはなかなか取れません、その中でも良く使われるものをランキング形式で並べてみました。

第1位 ボイスレコーダー

ボイスレコーダーというと、会議や交渉の際に後で確認できるように、証拠にもなるという事で録音する方も多いと思います、しかし、浮気調査としても良く使われているようです。

しかも、この場合、浮気調査の会社ではなく、個人の方の方が利用頻度が圧倒的に高いようです、それというのも仕掛け場所にポイントがあります、自宅のリビングや配偶者の部屋のどこか、車の中に仕掛けることで効果が高いからです。

家に誰もいない時に配偶者が浮気相手と電話で話している会話や、車に浮気相手を乗せて移動しているときの会話などを押さえることができるので、怪しいなと思って仕掛ける方も多いようです。


第2位 GPS発信機
携帯電話にもGPS機能はついていますが、基本的に発信者側の承諾等が無いと利用できませんので、それでは意味がありません。

では、どのような時に使うのでしょうか?夫や妻の行動が怪しい、浮気しているのではないかと思っても本人に直接聞いても本当の事を答える人はいません。そこで、相手が車移動をしている方に多いのが、車にGPS発信機を付けて行動を確認するというものです。行った先にホテルや知らないマンション等があり、長い時間滞在していれば浮気をしていると判断がつきます、しかし、まだ言い逃れが出来る状況で追及はしない方が良さそうです。


第3位 小型カメラ

ボイスレコーダーと同じで、同居又は、部屋内に入らないと設置出来ないので、浮気調査を依頼した会社ではできません、依頼者自信が設置して、確認するという方が現実的です、最近は、携帯の充電器型や指先程度の大きさのカメラもあり、手の込んだ商品が出てきているようですが、それでもいつもと違うものが置いてあったりすれば気付かれてしまう可能性は大きいです。

 

第4位 ドライブレコーダー

少し前にあおり運転が原因で、大々的にニュースになっていましたが、その時に大活躍したのが、ドライブレコーダーでした、それを見たニュースの視聴者はこぞってドライブレコーダーを購入し、一気に利用者が増え今も増加傾向にあるようです。

そんな便利な商品が浮気調査にも大きな役割を果たしているようです、地方の方は1人1台車を所有していることもあり、自分の車をチェックされないとタカをくくっているすきに、浮気相手と車に乗った証拠がドライブレコーダーに残っていて、配偶者が怪しいと思ってその時を狙ってチェックをすることで浮気が発覚することもあります。

浮気相手とホテルに入る画像などが残っていれば、調査会社に頼む必要もなさそうですが、さすがにそこまで気を緩めている人はいないでしょう。

 

一般の方が浮気調査に良く使う商品をあげてみましたが、あくまで、怪しいという不安定な状況から確実に浮気をしているという確信には変わりますが、裁判になった時に採用される可能性は低いものがほとんどです。

浮気をしている事が核心に変わったら、証拠を押さえなければいけません、そこは無理をせずにプロに頼むことも大事です。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容