好きな方と結婚をして幸せな中、子供を授かりこれから家族でよりもっと幸せな時間を過ごせると思った最中、夫が浮気をしたかもしれない状況、、、。

これは実際にあった相談内容になります。

浮気発覚の始まりは夫の携帯電話、ふとテーブルに置きっぱなしな状態で何気なく画面を見てみたら、知らない女性からのメッセージ。中身は恋人とのやり取りをしているような内容。確実に一線を越えているようなメッセージとハートマークが目立つ。

やり取りを見るとどうも妊娠期間中すでに交際しているような時期であり、夜のコミュニケーションが出来ない期間その女性と浮気をしていたようです。

しかも、相手は妻がいることを知りながら夫と接してるので悪質極まりない人間。

このように妊娠期間中、男性は浮気不貞行為に走ることが多く、妻が家に帰ってから発覚し関係がこじれることが多いです。

浮気をされた側にとってこれほどショックなことはないでしょう。

自分が一番つらい時に、まさか浮気をしていたなんて想像絶する状況です。

そんな時、相手に対してどのような対応をしますか?

今回のケースですと、突然のこともあり、頭が真っ白になってしまい、怒りもあるが、離婚するべきなのか、もし離婚をしたとして1人で子供を育てられるのか、収入や住まいはどうなってしまうのか、あらゆる事が頭をめぐり混乱してしまったようです。

インターネットを調べて当センターにご連絡を頂いた経緯になります。

当センターからのアドバイスとといして、まずは相談者様の状況、環境、心の整理をしてもらい、方向性を定めてもらいます。

産後直後に浮気が発覚した状態でまともに今後の方向性というのはすぐに決められないものです。離婚というキーワードは相談者様から出てくるのですが、先々の不安もあり中々決断が出来ない状況です。夫にも浮気を問い詰めていない状態だったため、まずは離婚をするにしてもしないにしても、被害者に遭われた方が有利に先々進めるようなアドバイスをさせて頂きました。その内容とは、浮気の証拠集めです。

離婚事由にもある不貞行為を立証するには証拠が必要です。これは離婚しない場合でも有責配偶者である人間は自分から離婚を切り出しても、相手が受け入れない限り原則的に離婚が認められません。

どちらの方向性でも動けるような解決を図り、証拠が取れたところで話し合いをするように助言をしました。

浮気の証拠をご自身で取るような発言をされていたため、いったん考えるよう伝えました。なぜなら今まで当センターが受けていた相談事例として浮気発覚後、すぐに相手に問い詰めるような行動をとり、結果浮気の証拠をあげることが出来なくなった、どうしたらいいですか?などの相談案件を多く耳にしていたため、有利に立っていただきたい環境が作れなくなるからです。このように自分で動くより、浮気の証拠をとるために必要な事やどう行動をしていいか、我々がサポートを致します。

結果この例に挙げた相談者様は浮気の証拠も取れ、離婚の決断をして慰謝料養育費もすべて自分の思っている理想の金額となったそうです。

困ったことがありましたらご連絡を。

離婚後、どのようなライフプランを組み立てるのかも重要になってきますので、離婚問題に直面したらご連絡を下さい。

ご相談フォーム

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

LINEでもご相談可能です

浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての無料相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません。
https://line.me/ti/p/dVREPinr2T