現代のテクノロジーの進化によって浮気の証拠も多様化しています。

昔は大きくて高価だったビデオカメラや録音機、以前であればそのような大きな機材を設置すれば浮気をしている人は監視されている事に気づいて警戒して浮気をしなくなるか、もっと分らないところで浮気をするようになります、また、高価なため浮気をしているのかどうなのか?解らない状態で浮気をしているのか調べる為だけに購入する訳にもいかなかったと思います。

しかし、現在では小型軽量化されただけでなく、充電も長く持ち何よりも低価格で購入できるようになりました。

代表的なものはスマホです、カメラもボイスレコーダーも付いていますので、急に浮気現場に遭遇した時や、この後、浮気をするであろうと思われるところに急に仕込むことが可能です。

次にボイスレコーダーです、数千円で購入できて音声認識で稼働するように設定すれば長時間録音可能ですので浮気をしていると疑いが有る場合、車のシートの中や自宅の見えないところに仕込んでどのような行動をしているかを探る方も増えてきました。

次に小型カメラです、コンセント型や置時計、火災警報器の中に仕込んであるような超小型カメラもあり、言われなければ分からない位良く出来ています、また、WIFIでネット回線に接続しておくと外部からスマホで監視することも可能ですので自宅に仕掛けて配偶者が浮気をしていないかを調べる方もいます。

また、思いがけずに浮気の証拠を残してしまうこともあります、それはカーナビやドライブレコーダーです、特にドライブレコーダーはあおり運転のニュースが多く放送され、厳罰化されるなどの影響で多くの人が買い求め設置しました、タクシーなどの営業車で有れば車内まで撮影できるタイプを利用していますが、一般的には全面と後部が映るタイプのものがほとんどです、しかし、社内の会話は録音されていますので、社内で浮気相手と話したことや行為が残っているのです、社内に乗り込む際に映らないように気を付けても音声が残ってしまうのです。

カーナビも履歴検索が出来る事を知らない人や、検索履歴を削除しても走行した道路の軌跡が残っていてラブホテルに行っている事が発覚することもあります。

スマホやスマホアプリの普及によって浮気相手と連絡を取りやすくなった半面、浮気をしている証拠を残すものにもなっています、スマホのメールの履歴や写真で浮気が発覚するという事が良くあります。

いずれにしても浮気は不法行為なので浮気をすること自体が問題です、隠す隠さないの問題では有りません、配偶者の浮気にお悩みの方は一度ご相談ください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容