最近SNSや出会い系アプリなどで知り合った相手と浮気をしているという相談が増えています。

スマホで簡単に異性と知り合うことができ、事前に気が合うかどうかや場合によっては写真を送り合って好みの相手かどうか確認してから会う事も出来るので便利な機能だとは思います。

これを独身同士でやっている場合は良いですが、一方が既婚者、または両方既婚者の場合、浮気=不貞行為になり法律で禁止されています、また、配偶者からの慰謝料請求や離婚の請求をされても仕方がない状態になってしまうので気を付けたいところです。

しかし、相談者の方の話を聞くと信じられない様な実態が有るようです、その中でも浮気=不貞行為をされただけでなく、家計の貯金を使いデートや旅行をしていたり、浮気相手に多額のお金を貸したり貢いでいたりするのです、自分が汗水たらして働いたお金を知らない間に浮気されたうえに浮気相手と使っているのです。

Aさんの場合

Aさんはご主人との喧嘩が絶えなく、現実逃避したいという願望から何気なくSNSや出会い系サイトを利用するようになりました、どんな人がいるのか検索したりメールするくらいなら別に問題無いと軽い気持ちで始めたのですが、数人知り合ったうちの一人の方がこまめに連絡をくれるので直接やり取りできるラインで連絡するようになりました、最初は1日に数回のやり取りが日に日に増えていき、お互いに異性として気にするようになりました、自分は既婚者なのでなるべく異性として意識しないようにしていたのですが、いろいろ悩みを聞いてくれたり励ましてくれるので、いつの間にか頼りにしていたのだと思います。

そのうち、相手から好きだよ、結婚しようなどのもうアプローチが始まり、写真交換もすることになりました、正直タイプでは無かったのですが、今までのやり取りで誠実で頼りになるところなどを気に入り見た目は気にならなくなっていました、そしてついに待ち合わせをして会う事になりました。

駅で待ち合せて食事をし、帰る予定だったのですがどうしてもと引き止められ断り切れずに相手の家に泊まってしまいました、翌日帰ることになったのですが、急に仕事で必要なお金があり貸してほしと言い出しました、直ぐに戻ってくるお金で戻ったらすぐに返すと言われたので10万円を貸してしまいました。

その後、もラインのやり取りは続き合う頻度も増え、返済は無いけれども相手の家も知っているのでと深く考えず、お金を貸す頻度も増えていきました、途中でおかしいと思ったのですが今の関係を壊すことを恐れ、浮気相手の言うがままお金を用意して渡していました、そのうち自分のお金が底をつき、家計からもお金を渡すようになり、最後はお金が底をつき、浮気相手にお願いされてもお金を渡すことができなくなりました、そうすると浮気相手は急に連絡をしてこなくなり最後は全く連絡がつかなくなってしまいました。

お金を返すように請求しても全く無視で結局夫へ相談し何とか回収できるようにとの相談でした。

このように浮気相手にお金を貸して困っている方、浮気をされて困っている方は一度ご相談ください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

 

 

 

LINEでもご相談可能です

浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての無料相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません。