熟年とは一体何歳からなのか、大体40半ばから50歳から60歳以上の夫婦を指すのが一般的な考えとされているそうです。

若い時から長く連れ添った夫婦もいらっしゃれば、40歳前後で結婚した夫婦もいるでしょう。少し前からこの年代の方からの相談が多くなり、離婚の問題を抱えている方が増えております。

特に浮気問題、夫、妻の不貞、パパ活問題、など異性問題が多くみられます。

浮気をしたり愛人を持つにはお金がかかります。

出してもらう側はあまり関係がないかもしれませんが、歳を重ねればある程度、お金や時間に余裕を持つ方が多くなり、使い方もそれぞれです。

交際するにあたり、デート代やホテルなどの宿泊代、旅行などの費用、お互いの誕生日などのお祝い、各イベント行事などのプレゼントが掛かってきます。

時間に関してはお子様がいる場合、子育ては手のかからない、育児からの解放、など時間が作れます。

出会いのきっかけも今の時代、インターネットが普及し、SNSなどを利用する人が増え、スマホなどを利用する人がいるのが当たり前の世界になりました。

その分、浮気問題が急増するきっかけにもなっております。

家にいる時も、仕事の時も出かけている合間でも不特定多数の人と交流が出来る為、出会いの場の幅が広がりました。

熟年離婚、浮気をしやすい方の特徴として、ずっと連れ添った人と長くいすぎたためマンネリ化。他の人との交流が刺激となり、気分が上がり、浮気不倫に繋がることも多いようです。SNSで気軽に交流が出来るのもそうですが、職場や、行きつけのお店など周囲の環境から浮気に発展することも。

他にも介護ストレスによる反動やパートナーからのDVやモラハラなども多く耳にします。

自分の場所がなく、逃げ出したい、誰かに頼りたい、癒しが欲しいという事で不倫関係を築き上げるケースもあるそうです。

問い合わせの多くは浮気不倫被害者の方が多いのですが、中には浮気をしてしまった方からの問い合わせもございます。

基本的に不貞行為をしてしまった側を助言することは少ないのですが、それぞれの家庭環境によって状況は変わります。

ほとんどの案件が浮気をされた被害者のサポートとアドバイスを行っており、離婚を考えている方や、慰謝料請求をしたい方、離婚に伴う財産分与について、離婚後の生活、浮気不貞行為の証拠をおさえたい方、DVモラハラの証拠はどうやって証明するのか、問い合わせ内容は様々です。

相手の浮気により離婚を考えている、浮気の証拠をとりたい。

ご希望ご要望をお聞かせください。

あなたのパートナーとの出会いはいかがでしたか?もし今何か不安要素や、気になっている事、思い当たる節がある場合は当センターまでご連絡を。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

LINEでもご相談可能です

浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての無料相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません。
https://line.me/ti/p/dVREPinr2T