男女間でのトラブルに関しての多く寄せられる問い合わせは浮気、離婚問題です。

離婚問題の原因となる浮気については離婚を有利に進める為にはどうしらいいのか、浮気をしているだろうと思われるが、決定的な証拠がないのでどう切り出していいかわからない、相手から離婚話が出てきた、離婚はしたくない、子供の親権、養育費についてわからないことが多いなど、家庭によって問題は様々です。

まずは配偶者の浮気の証拠はどうとるべきか、メールや通話履歴を見た、一緒に歩いている所を見かけた、だけでは証拠になりません。もっと決定的な内容でないと、裁判所などで通用しないのです。

相談者様の中には、自分で証拠を掴もうとする方や、決定的な証拠がない状況で、浮気を問い詰めてしまったという方もいらっしゃいましたが、これは一番やってはいけない事なのです。

自分で証拠を掴もうとすると、ほとんどの場合バレます。顔なじみの人間が、近くにいたら必ずわかります。

浮気の証拠がないのに問い詰めてしまう、これも、本当にしていても素直に白状するケースは少ないでしょう、中にはすべてを認める人もいるかもしれませんが、何も証拠がない時点で言ってしまうと、警戒度が増すだけで後に証拠を掴みたいという時に中々尻尾を出さなくなります。

どう対処していいかわからない場合はご相談を。

次に相手から離婚を切り出された場合の話です。統計的に相手が浮気している可能性が大です。

ほとんどの相談者様に該当している内容になります。話を進めて行くと、相手の行動の変化、言動、私生活に対しての対応、自分に見向きもしなくなるなど、不審な行動が目につくところが増えていきます。

結果、浮気が発覚なんて話も少なくありません。

急な展開で、離婚したいのか、浮気相手と手を切ってほしいのか、婚姻生活を続けたいのか混乱する方も多く、悩まれております。離婚する場合は決定的な証拠があればすんなりできるでしょう、あとは慰謝料や養育費、財産分与の問題だけにになります、浮気相手と手を切ってほしい場合も証拠が有れば、浮気を認めさせ、今後お互いに会ったり連絡を取った際は、違約金として00万円支払うという様な合意書を取っておけば効果的です、浮気をしているので同時に慰謝料請求も可能かもしれません。

婚姻生活を続たい場合は、浮気をした人=有責配偶者から離婚をすることはできませんので、自分のタイミングや現状の生活、子供の事の事を考え、状況をみて判断した方がいいと言えるでしょう。

問題解決にあたり、浮気の証拠を正確に取得する為にはどうしたらいいのか、相談者様の意向や方向性を一緒に考えいい提案が出来るよう当センターは対応させて頂きます。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容