浮気、不貞行為の相談は多いのですが、妻の妊娠中に浮気や不貞行為に及び、本気になってしまう様な男性もいます。 奥さんが頑張っているときに許せない行為です、なんとか目を覚ましてほしいところですが、のめり込んでしまいまったく人の話を聞かなくなっていることがほとんどです。

その中でも様々なケースに分かれ、対応策も変わってきます。

そもそも、妊娠する前からの関係の場合もあるとは思いますが、奥さんが妊娠したことによって、夫婦の仲が悪くなり浮気に拍車がかかってしまいこともあります。 また、浮気や不貞行為を夫が認めるか、認めないか、証拠があるのか、無いのか、によって対応も変わってきます。

浮気や不貞行為を認める場合

LINEやメール通話履歴などを妻に見られ、嘘をつきとおせない状態になり認める場合やほとんど証拠が無くても離婚して浮気相手と一緒になりたいという思いで、開き直り浮気や不貞行為を認める場合もあります。

ただ、問題は、口頭だけで認めている場合です、いざ、何かしらの争いになった時に、浮気はしていない、冗談で浮気したと言っただけ、と言い出す可能性があり、そうなると証拠を出す責任は申立人側にあります、証拠がないと認められなくなるということです、できれば書面に残しておいた方がよいでしょう。

このように、浮気や不貞行為を認める相手に対して、今後どのようにしたいかによって対応が変わります。

慰謝料を取って離婚したい場合

夫、浮気相手に対し、慰謝料請求をすることが可能と思われます、相手の収入や婚姻期間等によっても違いますが300万円位が相場となります、離婚について夫が認めないといっても、離婚調停をすれば夫が離婚理由を作ったということですんなり認められます。また、夫との間には財産分与や養育費の問題もあります。

慰謝料は請求するが、離婚はしたくないという場合

浮気相手へ慰謝料を請求し、今後、夫とは会ったり連絡を取ったりしない、約束を破った場合はOO円支払うといったような誓約書を取るべきでしょう、また、証拠さえあれば、有責配偶者として夫からの離婚申し立ては原則認められることはありません。

認めない場合

好きな人が居て離婚をしたいが、浮気や不貞行為はしていないというケースもあります、しかし、話を聞くと明らかに不貞行為の疑いがありますが、このような言い方をすれば法的に不利にならない、慰謝料請求の対象にならないということを知ってこういう言い方をするたちの悪い方もいます。

この場合は、水面下で調査をし、法的に認められる浮気の証拠を押さえてからでないと話になりません。

調査会社等に依頼し、家やホテルの出入りなどの証拠を撮ってもらってから交渉するしかありません。

配偶者の浮気、不貞行為にお悩みの方はご相談ください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容