慰謝料請求についてどこまでご存知でしょうか。

夫の浮気、妻の浮気、パートナーに裏切られ、もう別れよう、浮気されたから離婚して慰謝料請求をする、一般的に裏切られた相手に対して慰謝料請求する事だけをお考えになられると思いますが、浮気相手からも請求できる事をご存知でしょうか。

浮気に関しての慰謝料請求とは、精神的な苦痛に対して払ってもらうお金になり、浮気相手に対しても請求が出来るのです。

慰謝料を請求し今後の生活はどうなるのかはご自身の方向性次第ですが、離婚しないで夫婦生活を継続するパターン、浮気が原因で別居するパターン、浮気が原因で離婚するパターン、いずれか選択しなければいけない内容になりますが、状況に応じて慰謝料の金額が前後します。

まず夫婦生活を継続する場合は、慰謝料請求する先が、浮気相手になります。その場合、離婚に至った場合や、別居に至る場合の金額より下がる傾向があります。(浮気の回数、証拠、精神的苦痛の度合いによって変わります)別居に至った場合ですが、離婚はしていないので、これも慰謝料請求を浮気相手にし、状況によりますが、生活費用の請求(婚姻費用)が出来ます。(例:奥さんが旦那さんに浮気された場合、奥さんに生活費用を旦那さんが支払う)

最後に離婚に至った場合、パートナー、浮気相手どちらからも慰謝料請求を請求することが出来き、別居、夫婦生活継続よりは慰謝料の金額が多いと言えるでしょう。

慰謝料の請求金額は状況によって変わります。

夫婦の年齢、浮気相手の年齢、収入、資産。夫婦間の婚姻期間、浮気が発生し、婚姻生活の状況、子供の有無、浮気相手に家庭があるか、精神的苦痛度、社会的精細度など、色々な角度、状況によって変動します。

これらのどれに該当するのか等が重要になってくるのですが、一番肝心な内容は浮気の証拠があるかないかです。

浮気の証拠がなければ取れる慰謝料や希望する方向性に向かって進めません。

浮気の証拠を撮る方法としていくつか方法がございます。ご自身で出来る範囲もあるかもしれませんが、当センターに問い合わせして頂く相談者様の多くは自身で調べて失敗をし、相手の警戒度を高め、証拠が取りにくい状況になっております。絶対にばれない方法があるのであればそれに越したことはございませんが、浮気調査を行う場合はプロの探偵会社への依頼が的確化と思います。数ある探偵会社からご自身での業者選びは困難、知らない事や、わからない事が多いはずです。

業者の中には追加料金、費用上乗せ、調査力がない業者も多く存在しており、表面上それは分かりません。

当センターは長年、浮気の相談、離婚問題に関して多く問い合わせを頂き、ご案内をしてきました、どうして良いか解らない方はご連絡いただければ、内容に合わせて的確なアドバイスをさせて頂きます。

 

 

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容