最近、不倫、浮気(不貞行為)の慰謝料請求の相談が増えています、中でも多いのは女性(奥さん)からの相談で、ご主人が怪しいと思いスマホをチェックしたり、自白させたりして不倫や浮気をしたことは確証が取れたのですが離婚する気は無いので、相手の女性に対して慰謝料請求したいという方や既に請求したけれども今後どうしたら良いですか、と言ったような相談です。

ここで毎回困ることがあります、それはというと

①不倫、浮気の証拠が夫の自白のみだと、後でそんなことは言っていないと話しを覆らされる可能性がある

②不倫、浮気の証拠として夫の自白の録音を撮ったという場合でも、浮気相手の女性からすれば、Aおたくの夫が勝手に言っているだけ、B結婚しているとは知らなかったと反論される可能性がある

③不倫、浮気の証拠としてスマホのラインやメールのやり取りを保存したという場合でも、口裏を合わせて、実際はやってもいない事をふざけてメールし合っていたと言われる可能性もあります

不倫、浮気の証拠として不貞行為をしている画像をおさえたという場合でも、相手の女性だと解るシーンがない場合もあります

このように証拠が少ない、言い訳が出来る状態で夫に対して問い詰めてしまうと相手の女性にその情報が流れ慰謝料請求を回避するための策を練られてしまいます。 実際、先日の相談でも夫の供述を録音したので相手女性に書留で低めの金額で請求書を送ったというのですが、全く相手からの反応が無いのでどうしたら良いですかとの相談でした。

請求を受けた相手とすれば、浮気相手の奥さんから書留で請求書が届いた時点で色々調べたり弁護士に相談したりすると思います、そうすると素人が請求書を送って来ている=そんなに本気ではない、もしくは証拠に自信が無い等と考え、まともに相手せずに放置していても良いのでは無いのかと思う方も多くいるとお思います。
また、浮気相手の夫から情報が入っていれば、証拠写真は持っていないこと、自白のみの証拠しかない事を知って、万が一、相手が弁護士でも雇って請求してきても、不貞行為はしていない、そもそも相手が既婚者という事を知らなかったと言って言い逃れ出来ると思われてしまいますので、今の段階で相手する内容では無いと無視されてもおかしくありません。

せっかく夫が自白したのであれば、その時点でもっと有効な証拠をおさえるように事前に準備出来たと思います、このように配偶者の不倫、浮気の疑いがあるという場合は自分の判断だけで進めずに一度ご相談ください、このような件の相談を多く扱っている相談員が、どうしたら相談者の方が有利になるかを一緒に考え対応いたします。

お困りの方は、無料相談センター03-5823-4670へご相談ください。      

ご相談フォーム

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

   

LINEでもご相談可能です

浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての無料相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません。
https://line.me/ti/p/qIrTLfkTu2