長く連れ添った配偶者が急変した、信用していたのに、どうしてこんな行動を取るのか解らないという相談を多く受けています。

今まで何を言っても反抗することなく、どちらかというと大人しい性格だと思っていたのに、定年退職や子供の成人、独立を期に何かが吹っ切れたかのように家庭をかえりみない行動を取りだす方がいます、いろいろ理由はあると思いますが、今までの責任やプレッシャーが無くなり急に今まで我慢してきたことを実行に移すようなこともあります。

特に多いのが、今までは残業や休日出勤といって自分の時間が無かったものが時間を取れるようになり、風俗や浮気などに手を出し、家にいても文句ばかり言われるのでだんだん嫌になり、家を出てしまう方もいます。

また、退職金を貰ったことにより、家庭内の財産、預貯金はいくらあるのか、今後の生活費は足りるのかなどと気になり、今まで配偶者が管理していた預貯金を自分が管理するようにして、それまで買わなかったものを買ったり、投資に手を出して資産を減らすようなこともあります。

女性の場合も、子供が成人するまで、夫が退職して退職金が入るまでは我慢して、その時が来たら別居して離婚をすると水面下で動いていることもあります。

財産分与は幾ら入るからそのお金でマンションを買って、生活費も年金分割である程度賄えるしと計画を練っています、夫からするとある日突然、別居離婚を切り出されるのです、そして、今まで稼いだお金や、退職金、ローンの支払いも終わった自宅などを財産分与として請求され、何も用意していなかった夫は面をくらいどうすることも出来ずに法律に沿って応じるしかなくなるのです、そこで離婚を拒否しても毎月の生活費、婚姻費用分担金を請求されたうえに何年か別居期間を設けることによって離婚成立の要件を作られ、最終的には離婚に応じる羽目になってしまうのです。

原因が性格の不一致、今まで我慢していた程度の話しなら良いのですが、実際は違う場合も多いです。

浮気や不倫を隠していて、時期が来るまではなるべくわからない様に行動し、貰うものを貰ってから離婚しようという算段の場合も多くあります、性格の不一致やモラハラという理由を真に受けて対応してしまうと相手の思うつぼになってしまします、今まで家庭のために仕事を一生懸命にやり、あまり家にいなかった方は配偶者が普段どのような行動をしていたかを知らない分、浮気や不倫はしていないだろう、自分が悪い部分が有ったと思ってしまい相手の不貞行為を知らないまま離婚に応じてしまうのです。

このように急に配偶者から離婚、別居を言い出されたときは直ぐに反応せずに少し冷静になり、一度ご相談ください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容