浮気、不倫、不貞行為、離婚問題の相談を受けていますと浮気の証拠についてやどこからが不貞行為になるのか?という相談を良く受けます、浮気の証拠と言えば弁護士の先生からもよく聞きますが、ホテルや自宅などの宿泊できる施設に男女が一緒に入るところと出るところの写真が必要とのことです、しかし、相談に来る方で多いのはメールやラインの履歴や電話の発信、着信履歴、カーナビの履歴、知人から聞いたなど後から言い訳が出来る程度の証拠しかない事が多く、その少ない証拠だけで配偶者に浮気をしている事を認めさせようと詰め寄ってしまう方もいます、しかし、浮気をしている人が誤魔化しのきく状態で自ら浮気をしている事を認めることはほとんど無く、ただの友人だ、肉体関係は無いと言ってシラを切られてしまいます、そうなるとその後は警戒をするので調査すらできなくなってしまいます。

問い詰める前の疑っている段階で相談に来た方には、出来れば浮気調査をしてから話し合いをした方が良いというように進めています、証拠が有ればどんなにシラを切っても最後は裁判所の判断で浮気、不貞行為をしていたと認定されるので、相手も観念して早い段階で浮気の事実を認め話し合いがスムーズに進みます。

しかし、浮気調査をするにしても一般の方が探偵や調査会社を利用したことはほとんど無いので、初めて利用するにあたってどこが良い会社か悪い会社か、適切な費用は幾らか、何日、何時間お願いすれば良いか、何回分の証拠が必要なのかなど全く分かりません、そこで、インターネットで探した会社に問い合わせて色々な事を言われるので何が正しいのかすら解らなくなってしまいます。

ある会社では、「証拠は2回以上の写真が必要」「1回で十分」「一か月間は調査したほうが良い」「一週間で十分ですよ」「10万円でやりますよ」「このような件は難しい案件で200万円掛かります」など言われることがバラバラで費用も安いのか高いのか解らなくなってしまいます。

実際に、200万円もの費用をかけてやって貰った調査の資料を見ても50万円で出来るだろうなと思いこともありますし、10万円でお願いしたけど証拠が撮れなかったという方もいました、あまりにも高額な調査費用はよっぽどどうしても証拠が欲しくて長期間の調査が必要な場合は解るのですが、そのようなことは稀だと思います、200万円もかけて調査して慰謝料が200万円であれば意味が無くなってしまいます。

逆に安い会社が見つかったといって喜んでお願いしても、費用に見合った事しかできませんのでそれなりの結果になってしまうと思います。

配偶者の浮気を疑い、証拠を押さえたいとお考えの方は一度、無料相談センターへご相談ください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

 

 

 

LINEでもご相談可能です

浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての無料相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません。