配偶者、パートナーの行動がおかしい、浮気をしているのではないか?と疑い日々の行動を気にするようになるとさらに不自然な行動が目につくこともあります。

結婚した当初は全く疑う事も無かったのに子供が出来た時、出張や単身赴任を期に、経済的に豊かになって、同窓会に行って、習い事をするようになって、と理由やタイミングは様々ですが人の考えや行動は変わるものです。

特に最近多いのは、奥さんが子供を妊娠した時や出産前後に浮気、不倫、不貞行為をする男性がいる様です、今までと生活習慣や優先順位が変わり他の女性に目が行ってしまうのか解りませんが、浮気をする人はしますし、どの様な状況でもしない人はしないので浮気をする理由にはなりません。

出張や単身赴任の際に浮気、不倫、不貞行為に及ぶ男性も多いです、奥さんの目の届かないところにいて、仕事が終わっても誰も居ないマンションに帰って自分で食事や家事をしなければいけない状態になり、家族のために一人で頑張っているんだから少しくらい良いだろうとか、寂しさを紛らわす為と言う理由で浮気をするのでしょうが、それも理由にはなりません。

結婚当初は給料も安くて生活するだけでいっぱいだったけれど年月の経過と共に収入も増えて時間も取れるようになったことで浮気をする方もいます、お金が有れば人も寄ってきますので異性と知り合う事も多くなり何かのきっかけで浮気をしてしまう様です。

また、同窓会で昔の恋人や友人だった人と会って浮気をしてしまう方も多いようです。

理由はそれぞれですが、共通する点は浮気をする際は配偶者には分からない様にすることです、浮気をしている事が解れば当然問題になる、悪いことをしていると思っているので出来るだけバレないようにこそこそと浮気相手に会ったり連絡を取りますが、浮気相手との付き合いが長くなると隠すことが面倒になったりバレないだろうとボロを出すようになりますが、決定的な不貞行為の証拠を取るのは簡単ではありません。

電話の着信履歴やラインやメールでのやり取りが残っていても会って食事をしただけと言われてしまえば不貞行為とは言えません、カーナビでホテル近くに行った履歴が有っても近くに車を停めていただけと言われたり、ドライブレコーダーに女性と一緒に乗っている記録が有っても車には乗せたけれども不貞行為はしていないと言われる可能性があります。

たまたま見つけた証拠で浮気、不貞行為を認めるものが有るとすればパソコンや携帯電話に保存していた写真にホテル内で撮った写真や裸で撮った写真などが有った場合、不貞行為はしていないといった反論をすることは聞いたことが有りません。

このようなことからも解るように配偶者が浮気をしているなと思っても証拠を押さえるのは困難です、そこで皆さん探偵業者、興信所等へ依頼を考えるのですが、何件か見積もりを取ると金額も言っていることもバラバラでどこの業者に頼んで良いかも解りませんし、基本的に費用が高いので依頼したくても出来ない方がほとんどです。

結局、浮気しても配偶者に経済的な余裕が無ければ証拠も押さえられないので、浮気をしていないのと同じになってしまいます。

この構図を改善しない限り、浮気をされて苦しんでいる方が救われませんので出来るだけこのような浮気問題でお悩みの方に良い提案が出来ればと思っておりますので、一度ご相談ください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容