配偶者の浮気を疑ったときにどうやって証拠を掴めば良いか解らないと思います。それもそのはずで、まさか自分の身にこのような事態が起こるなんて予想していなかったという方がほとんどだと思います、事前に浮気をされる事が解っていれば、そのような時にどう対処すれば良いのか準備できます。

浮気をしているなと思っても高額な費用を出すまでの事は考えていない、出来れば費用を押さえて手軽にまずは確認をしたいという方も多いです。

そこで、需要があるのが、ボイスレコーダーです、以前は高額であったり、隠し撮りという部分で何か後ろめたいような感じがあったと思いますが、今は記者が取材に使ったりするのを目にし、身近になりました。

スマホでも良いのですが、日常的に使うので、定位置に置いて隠し撮りすることはできませんが、瞬時に会話を録音するのには良いと思います。

配偶者が浮気をしているのではないか?と思ってもスマホにロックがかかっていたり、目の前では電話に出ない等なかなか核心的な証拠は出てきません、そんな中、ボイスレコーダーを使って証拠を取った方も多くいます。

しかし、日常の生活パターンや勤務形態によって使い方も変わるようです。

例1

Aさんの夫B氏が浮気をしているのではないかと疑うようになって、様子を見ていたところ、実家に里帰りした時など数日Aさんが家を空けた時に、派手な色の長い髪の毛が落ちていたり、ごみ箱に明らかに2人分の食事や飲み物のコンビニのレシートが捨ててあったりと、明らかに女性を家に連れ込んでいるのではないかという様な事がありB氏に聞いてもどこかで洋服に付いた髪の毛、食事も自分で全部食べたと全く認めませんでした。

そこで、あえて実家に2~3日帰省すると言って、リビングソファの中にボイスレコーダーを仕込んで出かけたのです。

帰省中、一度メールでやり取りした時にはいつのも返答で何もないのかと思える感じでしたが、家に帰ってボイスレコーダーを再生して落胆しました、やはり女性を連れ込んでいたのです、そこで、不貞行為というまでの証拠は撮れてなかったのですが、女性は家に入れていないというのは明らかに嘘なのが確定しました。

そこで、夫に白状するように話をしようと考えたのですが、以前もとぼけたように、家に知人の女性は入れたけど何も無い、近くに来たというので久しぶりに会っただけと言い訳される可能性があると思い踏みとどまりました。

そして、動かぬ証拠を押さえてもらうために調査開始者へ浮気調査を依頼し、いつも遅く帰ってくる金曜日の会社の帰りに追跡してもらったところ、ホテルへの出入りの写真を押さえてもらい、言い逃れが出来ない状態で追及したところ、B氏は浮気を認め、今後は浮気はしないという約束を取り交わしました。

 

例2

Cさんは知人から、先日夫のD氏が女性と車に乗っていたという話を聞き浮気をしているのではと行動を気にしていましたが、家にいる時は全くそのようなそぶりも見せず、半信半疑でした。

しかし、先日車で駅まで送ってもらった時、女性物の傘が置いてあるのに気づきました、夫は、同僚に借りて返すのを忘れていたと言ったのですが、車で移動しているのに傘を借りるのもおかしな話です、そこで、車の後部座席の隙間にボイスレコーダーを仕掛けてみました、2週間後、取り出して再生してみると、何日間か女性との会話があり、明らかに浮気をしていると思われるような会話が入っていました。

そこで、調査会社にお願いし、調査をしてもらったところ、女性の家に出入りする写真を押さえることができました。

このように、浮気をしているかどうかわからない時に確証を得れるという部分では便利です。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容