パートナーの浮気疑惑

絶対にしてはいけない!聞いてはいけない事!

もしかしたら浮気をしているかもしれない?

最愛のパートナーが浮気をしている可能性がある時あなたはどうしますか?

勘違いかもしれないからそのまま生活を送る方もいるでしょうし、いきなり問い詰めて追い込む方もいるでしょう。

今までの生活の中で違和感を感じて、浮気疑惑が頭をよぎった場合、大半のケースが黒、浮気をしている可能性があります。ではどうすればいいのか、今から紹介する話を参考に対応しましょう。

まず、携帯電話のなどに追跡アプリの導入、かまをかけて浮気を探る、相手がロックなどを掛けているパソコンやアプリケーションを自分の端末で解除する、などが大まかに分かれます。

追跡アプリに関してですが同意があれば問題ないのですが、勝手に入れることはいけない事です。もちろんばれてしまう事が一番よくないのですが、離婚をしたい場合や、慰謝料請求をしたい場合、今のままの生活、婚姻生活を続けたい場合は希望が叶わない事も。アプリで使った証拠は裁判所に認められません。復縁はもちろんの事信用が失われます。

次に、かまなどをかける行為です。かまをかけて証言をとっても、確たる証拠がないのでこれも離婚希望者のかたや慰謝料請求を求めている方には不利になります。いざ決定的な証拠を取得したくても、相手は警戒態勢に入ってしまっている可能性がありますので不利です。婚姻生活を続けたい人は、かまをかけたが間違っていた場合、信頼関係はもうなくなるでしょう。

ロックを掛けている端末携帯、パソコン、アプリケーションに関しては自分が利用している、又は他の端末等でログインなどをしてしまうと不正アクセス禁止法にあたるので要注意です。

同居中たまたま見てしまったなどは別の話ですが。

やってはいけない事は大きく分けてこの3つですが次にお伝えすることは言ってはいけない事です。

浮気をしている事を直接聞くことはあまりないかもしれませんが、直接聞くのはNGです。疑われていると思うと、警戒し、わからないように行動をしてしまいますので、浮気の証拠が欲しい場合はやめましょう。

行動や、予定、相手のスケジュール関係を細かく聞くのもダメです。もし本当に浮気をしている場合は警戒しますし、していない場合は、不信感を持たれるでしょう。

相手が携帯電話を見ていて、細かく何見てるの?何してるの?と問いかけるのもいけません。

細かい内容を伝えるときりがないのですが、警戒心を持たれそうなワードを言わないことに注意して、疑惑があっても平常心でいつもと変わらない生活を送ることがベストです。

必ずボロが出ます。私生活において違和感を感じたとしてもまずはしっかりと相手の行動を見極めましょう。

他にも浮気を見破るポイントや、対策、対応などアドバイスできることがたくさんございますのでわからないことは聞いてください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容