LINEでもご相談可能です

浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません

配偶者の浮気が発覚した場合、離婚するケースと離婚せずに夫婦関係を修復するケースが有りますが以外にも修復を望む方も多くいるようです。

浮気や不倫、不貞行為が原因の相談というと証拠集めや慰謝料請求、離婚に関することが多いのですが家庭状況によっては夫婦関係の再構築を選択する方もおり、その場合どのようにしたら良いかとの相談もあります。

相手(浮気した)があることでどんなに努力してお互いに悪かったところを直そうとしても長年の癖や生活習慣は簡単に治りませんし、浮気をされた側とすると頭のどこかに浮気をされたことが残っていて少しでも怪しい時や気にくわない時に態度に出てしまう事もあります。

相手に負い目が有ることを良いことにどんどん対応が横柄になりエスカレートしてしまう事もあります、一度許して関係をやり直すと決めたのであれば以前の過ちをいつまでも引きずっていては良い関係は築けません。

また、浮気をした側も本当に反省している場合と表面上反省したふりをして実際は生活費や子供との生活費を守るためだけのために離婚をしないで関係修復をするそぶりを見せている場合もあります。

このような人の場合、ほとぼりが冷めた時にまた浮気をする可能性があり、夫をお金を生む道具程度にしか思ってないような態度の話しも聞くことが有ります、それでもお人よしの男性は子供のためといって我慢しているようです。

このように離婚する場合もしない場合も経済力が大きく関係してくることが解ります、夫にある程度の収入があり奥さんが専業主婦の場合で夫が浮気をしたときに、離婚をしたいけれども専業主婦が今から仕事を探して生活していく自信が無いという理由で離婚をしないという方もいますし、夫婦共働きで同じ位の収入が有る場合どちらが浮気をしたにしても離婚して別々に生活したほうが良いという選択になりやすいです。

また、離婚する、しないで大きく関わってくるのが親権や監護権等です、配偶者の事はどうでも良いけれども子供と離れるのだけは避けたい、まともに子供の面倒も見ないで男と会う様な浮気をした妻に子供を渡した場合、子供の事が心配になる、しかし男性が親権を取るのは難しいと聞いているのでしょうがなく離婚しないという方も多くいます。

いずれにしても、浮気が発覚しても夫婦関係を修復するのには相手の本音が解らないと難しいと思いますし、経済的理由や子供の事が理由であれば表面上の関係を維持することにしかならないかもしれません。

浮気、不倫、不貞行為でお困りの方は一度ご相談ください。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容