夫、妻の浮気が発覚した時、どのような行動をとるべきかおわかりでしょうか?

相手を問い詰める?様子を見る?証拠を見つける?

まずはご自身がどのような目的でことを進ませたいかによります。

離婚をしたい場合は不貞行為の証拠を押さえる。

浮気相手から慰謝料を請求する、これも浮気の証拠が必要です。

円満に解決を図り、浮気相手と別れてほしい。

などがあげられますが、浮気、不貞の証拠は必須といえるでしょう。

そこで、自分で証拠をおさえるか、調査会社へ依頼をするか分かれてきます。

ここでメリット、デメリットをお伝えしますと、ご自身で浮気の証拠をつかむ場合、業者などに依頼しないのでお金がかからないので金銭的な負担は避けられます。ただ、顔ばれしているので、いつも一緒にいる、パートナーにはすぐ気づかれてしまいます。

例えば証拠を取るために、カメラを準備し自分で撮影追跡をすることになりますので、プロではない為目立ちますし、写真もうまく撮れない、証拠も取れない、警戒を高め浮気のしっぽを出さなくなるでしょう。

次に調査会社に依頼をする場合、費用はもちろん掛かります。1万円2万円で依頼できるようなものではございません。どのくらいの期間を要するかにもよりますが数十万円からかかってくるでしょう。費用負担はございますが、プロですので尾行、張込み、撮影、取得したい証拠を押さえてくれます。裁判で争いになった場合、訴訟で通用する調査報告書を作成してくれるのもメリットの1つです。

ただ、1つ、業者選びを間違ってしまうと費用負担だけでなく、求めている証拠写真なども手に入らなくなりますので注意が必要です。

浮気の証拠を手に入れたら次におこすアクションとして、その証拠をもとに何を進めていくかが重要です。

直接夫、妻に不貞の証拠を突き付けるか、浮気相手に対して慰謝料請求をするか、夫、妻と離婚をするために離婚調停をするか、そこで、ご自身で請求を行うのか、士業の先生、弁護士などにお願いするのかに分かれてきます。

ご自身で行う場合、ある程度の法的知識がないと、文章の言い回しや、相手からの反論に対してどうしたらいいのかわからなくなる場合があります。訴訟になると自分の足で裁判所へ出向かなければならないので、時間も労力も失うことになるでしょう。

弁護士費用が掛からない分自分で行うことが多い為あまりおすすめはしません。

次に弁護士に依頼する場合はもちろん費用は掛かります。

しかし、依頼人様の代わりに通知、請求、訴訟などすべて行ってくれます。

費用面でも成功報酬や分割での支払いを行っている事務所もありますので、選任する上で弁護士選びも重要になってくるでしょう。

注意点といえば、弁護士だからと言ってオールマイティーになんでも出来ると思ったらおお間違えです。それぞれ専門分野、得意とするジャンルがありますので、ここの事務所でいいやと言った形で選ぶのはやめましょう。

調査会社、弁護士を探す場合、注意点がいくつかございます。

ネットで調査会社、探偵会社と検索すると、上位に載っているサイトが目立ちます。

検索で1番上にあるから安心とは限りません。Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンは広告というシステムが存在します。上位に載っているサイトは検索エンジンに対して広告費を払い目立つ位置にサイトを載せているのです。

その分、利用した時の費用が高めになってくる傾向があります。

当調査会社や弁護士に依頼をして多額の費用を払ったのに全然成果をあげてくれなかったといった相談も受けることが多いです。

サイトがきれいだから安心、実際に対応してくれる人が載っているから安心、サイト上位だから安心、なんてことはございません。多くの相談者様から不安の声や相談が年々増えているのも事実です。

当センターでは、解決目的に合わせたアドバイスをいさせて頂くのと、方向性に合わせたサポートを行っております。もちろん無料で対応します。

お困りの際はご連絡を。

お名前     

フリガナ    

メールアドレス 

電話番号    

性 別  

都道府県   

住 所    

お問い合わせ内容    

 

 

 

 

LINEでもご相談可能です

浮気・離婚問題・相続トラブル・高額の詐欺被害・住宅ローン滞納問題・競売・借金の返済等の解決に向けての無料相談を受け付けております、お悩み相談等の法的に解決できないものは受け付けておりません。